« またひとつ・・・ | トップページ | しばやぎさんちのシロちゃん3 »

特養への道3-次の場所?

病院は最長3ヶ月までしか入れません。なぜか?

病院は緊急を要する人が入院するところ。”病状が落ち着き緊急を要することがなくなれば後は退院して通院で治しましょう。”ということなのだそうです。でもこれは”建て前”だと私は思っています。父のように65歳以上で老人保健適用者では入院した場合3ヶ月以降、補助金がぐっと少なくなるのだそうです。(これは、聞いた話で本当のところは確認できていませんが・・)

さて、退院した後、どうすれば良いか?

実はウチの場合、介護するものが私1人、(すでに母・弟は亡くなっています。)父の方には親戚はいません。
自宅に連れ帰っても家の構造上2階以上が住居であること。半身麻痺の父(父は体格がよく170cm当時70kg)を狭い階段の上り下りさせるのには無理がある。高次機能障害のため自分の考えを周囲にうまく伝えられることができないので目が離せないのに商売をしているので昼間介護できない。ということを市役所の高齢社会室なるところへ相談しにいきました。家でどうしても介護できないならば老人保健施設に申し込んだら?といわれ長期入所可能な老人保健施設のリストを1枚もらっただけ。申し込みは直接家族が老人保健施設へ申し込みなさいということ。斡旋や紹介は一切ないのです。ここでも、心細い私たちは見捨てられた気持ちでいっぱいでした。

とりあえず、リストから3箇所くらい電話して相談する人もいないことを訴えどうにか話の聞いてくれる老人保健施設へ行きました。そこで、リハビリ専門の病院のことをはじめて知りました。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
探し始めた時は倒れて2ヶ月たった頃です。
この時はまだ、家族としては少しでも回復してくれることを望んでいたので老人保健施設の方にリハビリ病院に道をつけてもらいました。(ここでも、面接してもらえる約束をとりつけてもらっただけで、後は自分たちで動くことになるのです。)

|

« またひとつ・・・ | トップページ | しばやぎさんちのシロちゃん3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/1418671

この記事へのトラックバック一覧です: 特養への道3-次の場所?:

« またひとつ・・・ | トップページ | しばやぎさんちのシロちゃん3 »