« 『 沙羅の花を愛でる会 』  | トップページ | 赤い月 »

残酷な現実

20060612
昨日、朝の散歩に店の前の公園に行った。
小学生が何やら小さなダンボール箱を持ってきてごそごそ
のぞいてみたら
まだ、産毛の子猫2匹

捨て猫を拾ったのだそうだが
箱の中にお菓子やら水やらおいてあったが
すでに鳴き声をあげる元気もなく頭もうなだれたまま
もう、虫の息・・・

かわいそうだが、どうしてやることもできない

朝から思いっきり落ち込んでしまった。(-.-)

|

« 『 沙羅の花を愛でる会 』  | トップページ | 赤い月 »

コメント

高校1年の時散歩の帰りに道ばたの草むらで段ボールの中の猫を拾ったことを思い出します。2匹いたけど1匹だけ連れて帰った。母が猫嫌いで。学校から帰ると朝まで側を離れなかった。2週間ほどして帰ると死んでいた。母は泣いていた。もう昔昔の話だけど顔は鮮明に覚えいますよ。

投稿: ryoi | 2006/06/13 09:13

私は一匹だけ残された捨て猫を保護したことがあったんですが、とても暑い夏の夕暮れだったのですでに手遅れでした。一晩ももたないで逝ってしまいました。悲しい思い出です。

投稿: Milk | 2006/06/13 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/10491385

この記事へのトラックバック一覧です: 残酷な現実:

« 『 沙羅の花を愛でる会 』  | トップページ | 赤い月 »