« 建仁寺塔頭~両足院 | トップページ | 寅市~両足院毘沙門堂にて »

両足院~七月、月例茶会

祇園祭宵宮のお茶会は織部流扶桑派のものでした。
恥ずかしながらお茶の作法を知らない私にとって表千家、裏千家は聞いたことがありますが織部流というのは全然知りませんでしたA^^; その私を快く招いてくださって丁寧にご教授してくださいました(*^_^*)

また膝が悪いことを先に言っていたので足を崩してくださいと何度も声をかけてくださり、あまり居心地がよくてお茶をたてる姿を見学しながらなんと2時間近くもお茶席に座ってました。ヾ(^^;)

Ryousokuin11

暑かったのでまずは冷たいお水とお菓子が運ばれてきました。
この後にお薄が運ばれてきます。
今日のお菓子は祇園祭ならではの稚児餅と貝のお干菓子。
お菓子の食べ方も丁寧に教えていただきました(*^_^*)

Ryousokuin14

先客のお濃茶のお手前の練習を見せていただきました。

Ryousokuin12

お薄が運ばれてくるまでにしつらえを見せていただきました。
この掛け軸は先代の住職の書ということでした。
茶花はムクゲの祇園守

Ryousokuin16
香炉も祇園祭にふさわしく(*^_^*)
どういう字をかくのかわかりませんが香炉ではなく「おこうご」とおっしゃってました。

Ryousokuin17

作法で正式には香木は3枚なのだそうです。

Ryousokuin13

凛としていて見ていても気持ちがいいですね。

Ryousokuin15

無駄な動きがなくて素晴らしいです。
とってもよい時間を過ごすことが出来ました。σ(^o^)

ー・-・-・-・-・-・
織部流のお茶は武士のお茶なのだそうです。
なので物はじかに下におかずお茶碗も足のついた台にのってきます。
そのほかお茶の道具も常にふくさの上に置かれてました。


|

« 建仁寺塔頭~両足院 | トップページ | 寅市~両足院毘沙門堂にて »

コメント

表・裏・武者小路は聞きおよびがありますが、
織部は焼き物の名前でしか知りませんでした。

やはり禅宗は武士のたしなみだったのですね。
フムフム。

投稿: ちくりん | 2009/07/23 15:53

おはようございます、Milk様

私も↑ちくりん様と同様、織部と聞くと織部焼きか織部守しか・・・。
しかし、何とも素敵なお茶会でしょう!
Milk様がゆっくりなさったのも判ります。
私、茶道のたしなみがございませんので、お恥ずかしい限りですが、茶杓前に有る、紙垂の付けられたガラスの器が涼しげですね。
「おこうご」は「香合」のことかな~と思いました。

投稿: いけこ | 2009/07/24 09:30

Milkさん、こんばんは。

祖母が生前お茶をやっておりました。
お茶のことはよく分かりませんがしょっちゅうお茶をいただいてました。
おかげでお菓子の事にはちょっと詳しくなりましたが(^^;

投稿: rauke | 2009/07/24 19:02

☆ちくりんさん
戦場で立ったままのお茶の作法もあるみたいですよ。
平安神宮や北野天満宮でも月釜があるそうなのでどこかで出会われるかもしれませんね。

投稿: Milk | 2009/07/25 10:19

☆いけこさん
私もお茶のたしなみのなく正座も長時間できない状態なのにとても快くお仲間に入れていただきました。おまけに写真も撮り放題ヾ(^^;)

ガラスに入ったお水はやはり祇園祭の為特別のしつらえらしいです。
八幡神社の湧き水をいただいたそうでそのために注連縄も(*^_^*)

投稿: Milk | 2009/07/25 10:22

☆raukeさん
京都を歩き回って疲れていると静かなお寺でお抹茶と甘いお菓子を頂くと本当に元気回復しますσ(^o^)
やはり、昔はお茶はお薬として扱われたのは本当だったんですね(^◇^)

投稿: Milk | 2009/07/25 10:24

Milkさん、こんにちは。
お茶席、涼しげなしつらいでいいですね。
私も、お茶は裏を少し習っただけでわかりませんが、おもてなしの心はどの流派にも通じますね。
ゆったりされたことでしょう(^^)

投稿: mumin | 2009/07/25 12:44

☆muminさん
京都にハマって次々と日本の伝統文化に触れ合う機会がふえました。こういうものは興味があってこそ価値があるんですよね。A^^;

私は何でも気がつくのが遅すぎるんだヾ(^^;)

投稿: Milk | 2009/07/25 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/45707296

この記事へのトラックバック一覧です: 両足院~七月、月例茶会:

« 建仁寺塔頭~両足院 | トップページ | 寅市~両足院毘沙門堂にて »