« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

平野神社

Dsc_8365
北野天満宮をいったん通り抜けて平野神社へ^^;

Dsc_8371
さすがにこの時期、平野神社へ訪れる人は少ないです。

Dsc_8366
新しくなった鳥居には平野皇大神の復活した神号が。。
(前は平野大社)

Dsc_8368
今年は遅れていた水仙が満開でした。

Dsc_8374
境内には寒桜が咲いていました。

Dsc_8379
立派な本殿に東福門院さん寄進の拝殿

Dsc_8383
もう1ヶ月もしないうちにこちらも賑やかになりますね。(*^_^*)

<2011.02.24撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千本釈迦堂

Dsc_8345
千本通から五辻通に入って千本釈迦堂へやってきました。
この時期、おかめ桜の見事な枝振りに春の期待が膨らみます。

Dsc_8346
お稲荷さんの両脇の椿はiいい感じに蕾がふくらんで、
もうすぐ一斉に咲きだしそうです。

Dsc_8347
有名なおかめさんの像はいつ見ても
微笑んでいるのにちょっと怖いA^^; ヾ(^^;)

Dsc_8348
お年寄りがしがみついているのはボケ封じ観音様。

Dsc_8349
その後ろにひっそりと咲いていた椿。

Dsc_8351
これは境内に残る「北野経王堂願成就寺」前の椿

<2011.02.24撮影>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

釘抜地蔵

Dsc_8333
歩き足りなかったので千本通りの乾隆校前でバスを降りて
北野天満宮まで目指します。
最初に立ち寄ったのが釘抜地蔵さん、いつもは静かな境内が
なにやらとっても賑やかです!

Dsc_8335
なにもわからないまま、拝んでいる人の邪魔にならないように
そっと写真を撮らせていただきました。

お年寄りがずらりと行列、何か地元の催しかしら?ヾ(^^;)

Dsc_8337
大変人が多いのでお堂の前の釘抜の写真は
今日は遠慮しましたA^^;


Dsc_8339
種々の苦しみを抜き取ってくれるため、「苦抜地蔵=釘抜地蔵」
と呼ばれて厚い信仰を集めています。
お堂の壁には釘抜と8寸釘のついた絵馬が所狭しと
奉納されています。


Dsc_8342
帰って調べたらどうやらこの日はお地蔵さんの縁日だったようです


◇地蔵しるこ接待◇
御地蔵様の御縁日にあたる毎月24日の午後1時から2時半ごろまで
招福・無病息災のお地蔵様のおしるこが振舞われます。


みなさんこのおしるこに行列してたのですね!(^◇^)
私も並べばよかったかな☆\(^^;)

<2011.02.24撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょっと残念^^;上賀茂神社

Dsc_8320
下賀茂神社から上賀茂神社までバス移動。

Dsc_8322
この日あった幸在(さんやれ)祭りを見たかったのですが
やはり間に合いませんでした^^;ヾ(^^;

Dsc_8312
現在上賀茂神社では細殿をはじめ平成27年に斎行される第42回式年遷宮に向けて順次約60棟の桧皮屋根(ひわだやね)の葺き替え工事が行われています。


Dsc_8324
昨年の烏相撲のときもおっしゃってましたが約150トンの桧皮を必要とされその金額も莫大なものであります。
世界遺産建造物保存のために桧皮奉納 (1枚弐千円以上)を募られていますので皆さんもご協力お願いします。


Dsc_8310
春見事な姿を見せてくれる御所桜ですが、こうしてみると痛々しいですねA^^;


Dsc_8329
上賀茂神社には思ったより梅の木はありませんでしたヾ(^^;)


<2011.02.24撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光琳の梅

Dsc_8287
糺の森をぬけて会いに来たのが光琳の梅。

Dsc_8304
今年は5,6分咲きの光琳の梅に会えました。
まだ、満開の光琳の梅にあったことがないんですよねA^^;

Dsc_8309
次は上賀茂さんへ急いでバス移動ヾ(^^;)

Dsc_8308
来週はお雛様。流し雛も見にこれたらいいな♪(^◇^)

<2011.02.24撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糺の森~冬もよう

Dsc_8275
秋、赤や黄色に彩られた河合神社も

Dsc_8277
糺の森の馬場も今は閉ざされたよう。。。

Dsc_8276
でもあったかな陽射しに氷が解けるように
少しずつ色がにじむ

Dsc_8278
神様の森に行ったり来たり

Dsc_8279
春がもうそこまで。。

<2011.02.24撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日のメニュー

Dsc_8304

本日午前中仕事の為お昼から京都へ!

下賀茂神社(光琳の梅5~6分咲き)→上賀茂神社(幸在祭残念ながら間に合わず(ーー;))
→釘抜き地蔵→千本釈迦堂→北野天満宮(境内、梅園5分咲き)
→平野神社→大将軍八神社→地蔵院→北野天満宮お旅所→神泉苑→京都駅

北野天満宮の梅は個々では満開、見頃過ぎの梅あり
しかし境内全体を見渡すと5分咲き。
梅園も外から見た限りでは5分咲き(料金所にも早咲き満開、五分咲き)となってました。
明日の天神さんの市及び梅花祭は大変な人出となると思われます^^;

<2011.02.24撮影>

※これは個人的な意見です。
また本日は4月の上旬の陽気ということもあり
一気に咲き出す可能性、天候により散る可能性もあります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ことばのはおと

Dsc_8262
この日もお昼抜きで歩き回ったので今頃ご飯。
昼ごはんなのか晩御飯なのかヾ(^^;

Dsc_8265
ガラガラ~♪挨拶もそこそこに
「ごはんある~?」ヾ(^^;
今日もガッツり青春プレートご飯!

Dsc_8268
お腹がふくれてぽかぽか暖かいと眠気が。。。^^;

Dsc_8271
眠気覚ましのコーヒー飲んでそろそろ帰りましょうか(*^_^*)

この日は妙心寺(麟祥院)→仁和寺(三門)→
蓮華寺→竜安寺→等持院→北野天満宮→ことばのはおと

<2011.02.17撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りにちょっと寄り道~北野天満宮

Dsc_8204
梅の様子が気になって等持院から北野天満宮まであるきました。

Dsc_8209
早咲きの梅は見頃の木もありましたが
全体を見渡せばまだ3分ほどでしょうか?
(これは一週間前の様子なので今は一気に咲いているかも?)

Dsc_8233
ピンクのふっくらした蕾がかわいい♪(*^_^*)

Dsc_8242
天神さんの梅鉢の紋

Dsc_8243
灯籠にも梅鉢の紋

Dsc_8246
本殿の前の梅はまだ蕾が固かった^^;

Dsc_8250
雨がポツポツ降り出したのでそろそろ引き上げ

Dsc_8251
深呼吸して梅の香を楽しんだ後は

Dsc_8260
上七軒からバスに乗って、はおとさんへ(*^_^*)

<2011.02.17撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記憶と現実の間で等持院

Dsc_8068
もう少し時間があったので等寺院へ寄ることにしました。

Dsc_8073
高校時代に来たことがあるのですが
エッ!こんなところだったのかしら?!
このん十年の間に随分と周りが変ったようですA^^; ヾ(^^;)

Dsc_8075
でも、達磨さんのつい立は鮮明に記憶♪
(昔はふつうに玄関においてあったよなぁ。。)
Dsc_8077
お庭の記憶はあまりないのですが

Dsc_8086
霊光殿の中に並んでいる歴代足利将軍木像13体と
徳川家康像には見た記憶がありました。(^_^;)
<内部は撮影禁止です>
Dsc_8093
夢窓国師の作庭と伝えられる庭園と
茶室「清漣亭(せいれんてい)」を眺めながら

Dsc_8100
足利の紋の入った茶碗でお抹茶をいただきました。

Dsc_8103
お菓子には梅の花が♪(^◇^)

Dsc_8137
4時もすぎたのでお庭を独り占め♪(^◇^)

Dsc_8167
東庭の心字池をまわりまた茶室のある西庭にもどってきました。
とうとう最後の拝観者になってしまったのでそろそろ帰りましょう。。


**おまけ**
Dsc_8188
帰り際、本堂に庭であったネコちゃんがいました。

Dsc_8189
お寺の方がフウちゃんと呼んでました。
でも写真を撮ろうとしたら顔を背けられてしまいましたA^^;


<2011.02.17撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとだけ龍安寺ヾ(^^;

Dsc_8031
仁和寺、蓮華寺からきぬかけの路を通って龍安寺へやってきました。

Dsc_8034
石庭はこの寒い時期にも大人気♪

Dsc_8036
侘びさびを求めてやってくる外国人も多く、

Dsc_8037
修学旅行生にも人気♪


Dsc_8053
少し待ってもいっこうに人が減らないので今日は早めに切り上げですA^^;

Dsc_8027
境内は馬酔木の花は咲きかけているのに

Dsc_8029
梅の花はやっとふくらんだ程度。。

Dsc_8050
最古の侘びすけ椿においてはぜんぜんA^^;


Dsc_8025
最近は男子修学旅行生も和装で散策♪(*^_^*)

Dsc_8026
時計を見たら3時過ぎ、さてもう一箇所くらい行けるかな?(^◇^)

<2011.02.17撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

五智山 蓮華寺

Dsc_8013
仁和寺の横にある蓮華寺にやってきました。
前回は桜の頃にお伺いしました。

Dsc_8016
こちらは土用の丑の日に行われるきゅうり封じが有名です。
弘法さんから伝えられたというきゅうり封じは加持祈祷されたきゅうりを持ち帰り3日間朝晩身体の悪いところをきゅうりでなでて4日目の朝にきゅうりを土に戻したり川に流したりします。
Dsc_8020
釈迦如来、阿弥陀如来、大日如来、宝生如来、薬師如来の石造5体

Dsc_8015
観音坐像ほか11体

Dsc_8021
境内で写真を撮っているとお声をかけていただきました。
内陣まで入れていただいてほんの目の前でご本尊の岩に掘られた御不動さまを拝ませていただきました。
ゆっくりしていってくださいと本堂に座布団まで出していただいて恐縮しましたA^^; ヾ(^^;)次回はついでではなくちゃんと拝みに寄せていただきます<(_ _)>


<2011.02.17 撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仁和寺の門番

Dsc_8005
妙心寺の北門をでて嵐電妙心寺駅を越えて仁和寺まで歩きました。
昨日のニュースで御室八十八ヶ所霊場めぐりの仏様が盗まれたといってました。なんて罰当たりなんでしょう。。。A^^;

Dsc_8010
本日は仁和寺の門番さんを撮りにA^^;
前回は帰ってPCで見たらブレブレだったんですよねヾ(^^;)

Dsc_8011
今日はちゃんと撮れたかな?(^◇^)

<2011.02.17撮影>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本日のメイン♪妙心寺塔頭 麟祥院

Dsc_7959
「京の冬の旅」3箇所目は妙心寺の麟祥院へやってきました。

Dsc_7961
パンフレットで見た海北友雪(かいほうゆうせつ)の双龍の雲龍の襖絵を見たかったからです。
中は撮影できないのでコレは看板の雲龍図(雌)これと向き合ってもう一匹の雲龍(雄)がありました。


Dsc_8002
春日の局は江の長男・徳川三台将軍家光の乳母。
ここで冬の旅のテーマに結びつきましたヾ(^^;)
その菩提を祀る為に建立されたお寺なんですね。

Dsc_7965
白梅がほころび始めていました(*^_^*)

Dsc_7997
普段は非公開なので門からこのお庭しか見れないので中に入れるのが楽しみです♪

Dsc_7983
この御霊屋は仙洞女御所に会った釣殿を後水尾天皇より下賜されたもの
能舞台としても使われていたようですが麟祥院を建てるに当ってこちらに移築したようです。

Dsc_7987
稲葉氏の家紋〈角切折敷三文字 すみきり おしき さんもじ〉が屋根瓦に

「京の冬の旅」の特別拝観は600円と少しお高めですがスタンプラリーもしていて3箇所たまると規定の接待場所でお抹茶お菓子のおもてなしのちょっと一服券もしくは京都総合案内書で記念品と引き換えることが出来ることを思えばお得です(*^_^*)
それ以上に説明を受けながら見れるのでわかりやすいですよ。
この日も「紫衣事件」以降春日局が尽力した話や明智光秀の家臣であった父が処刑されたために大変苦労した話、襖絵の友雪の父、友松と処刑された春日局の父が親友で磔にされた遺骸を持ち帰り供養したことなどいろんな話が聞けました。
<2011.02.17撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

臨済宗大本山妙心寺から出発!

Dsc_7947
本日も出遅れて妙心寺に着いたのはお昼を廻っておりました^^;
おまけにバスに乗るのもダッシュ!電車に乗るのもダッシュ!と
体力をほとんど使い果たしどうなることやら、、、ヾ(^^;

Dsc_7949
三門
境内で唯一の朱塗りの建物です。
三門には空・無相・無作という、
禅の境地による解脱の意味が託されています

Dsc_7951
仏殿
妙心寺の本堂で本尊さまにお釈迦さまが祀られています。


Dsc_7956
右;法堂
仏像は安置されず、住持による法座や坐禅が行われます

左;寝堂
こちらで拝観受付されています。

こちらでは20分間隔で法堂・天井の雲龍図、国宝の梵鐘、浴室(明智風呂)を拝観することができます。(大人500円)

実は何度も訪れている妙心寺ですがいつでもみれるということで
まだ拝観してないんですよね^^;ヾ(^^;

いつも塔頭の寺院ばかり特別拝観しにくるのですよ。
今回も目的は京の冬の旅特別拝観の麟祥院の拝観が目的です。^^;

<2011.02.17撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久しぶりに銀閣寺

Dsc_7801
法然院から銀閣寺へとやってきました。

Dsc_7842
もうそろそろ人が少ない時間かなと思いきや
次から次へとやってくるA^^; (午後4時過ぎ)
この場所から人が入らないように撮るのに
随分と待ちましたヾ(^^;)

Dsc_7816
池の周りも人が数珠繋ぎA^^;

Dsc_7831
ココからの景色好きなんですよね(*^_^*)

Dsc_7834
お花を撮っているとお庭を手入れしてたおじさんが声をかけてくれました。

Dsc_7837
寒さのせいかやはりこちらも椿は遅れているようです。
咲き出すと綺麗な花も出てくるだろうとおっしゃってましたが

Dsc_7838
チラチラ降っていた雪をみながら
「明日はまた雪やなぁ。。」とおっしゃってました。


Dsc_7858
明日なら雪の銀閣がみれたかも?残念ヾ(^^;)

Dsc_7865
最後においしいお抹茶を頂いて帰路につきましたσ(^o^)

<2011.02.10撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月の法然院

Dsc_7776
中谷さんをでてもう少し時間が会ったので
銀閣寺へ行く前に。。。

Dsc_7778
法然院さんへやってきました。
Dsc_7800
一月は福寿だった白砂壇は梅に市松(*^_^*)


Dsc_7797
今回は椅子展をやってました。

Dsc_7787
角がきれいにとってあって手作り感満載のあったかい椅子♪
とっても座り心地が良かったです(*^_^*)

Dsc_7796
作家の方はいなかったのですが受付がお友達の方で
この方は新聞配達をしながら地道に椅子を作ってられるとのこと。
夢に向ってがんばってられるを聞くと羨ましく思いました(*^_^*)

<2011.02.10>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一乗寺中谷さん♪

Dsc_7772
実は今回、一乗寺に来たのはお寺が目的ではなく
こちらがメインなのでした^^;

Dsc_7769
それは美味しいケーキを食べに。。。ではなくてヾ(^^;

Dsc_7770
相方のバレンタインチョコ名目で私がお相伴に預かりたい
和チョコレートを求めにやってきたのでした(*^_^*)

Dsc_7914
この日のおみやげは久しぶりにケーキではなく、苺大福♪

Dsc_7898
若女将にいただいたケーキは

Dsc_7917
中にプリンのようなカスタードの入ったフワフワケーキ♪
ごちそうさまでした(*^_^*)

<2011.02.10>
チョコは形式上は相方にプレゼントの為、明日以降
ご紹介します(*^^*)☆\^^;


<2.15追記>
Nakatani


さっそく私もお相伴♪
トリュフはかわいくて、うまうま♪^m^
生チョコレートはなめらか~♪(^◇^)
私の方が食べた数多いかもヾ(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残念だった圓光寺^^;

Dsc_7755
詩仙堂をでて圓光寺にやってきました。

Dsc_7757
参道には山茶花が綺麗に咲いていましたが

Dsc_7759
料金所に人がいません^^;代金を入れてお入りくださいとありましたがあいにく小銭がなくて今回は引き返しました^^;

Dsc_7762
帰り道に出会った散歩中のワンちゃん♪
エチケットバックをくわえてお散歩中(*^_^*)

<2011.02.10撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

癖になるので…

止めておこうと思うのですが
雪が降り積もる中長い間待たれると
根負けですA^^;


癖になるので…
初めはミゾレだったのが。。。
癖になるので…
あっという間に積りましたA^^;
110214_164901


| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬の詩仙堂

Dsc_7722
この時期でも詩仙堂は人気で2~5人ずつくらい
途切れることなく人がやってきます。

Dsc_7733
門前の白い山茶花は盛りが過ぎて、
木の高いところばかり咲いていましたA^^;

Dsc_7742
椿を目当てに行ったのですが
こちらもご覧のとおりあまり良い状態とはいえませんね。

Dsc_7749
いつもは何かしらお花が咲いていて楽しめるのですが
残念ながら端境期のようでお庭は淋しいものでした。

Dsc_7751
馬酔木の花芽もふくらんできてるようですが
一乗寺の春はもう少し先のようですね(*^_^*)

<2011.02.10撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八大神社

Dsc_7683
八大神社まで下りて来ました。
久しぶりに入ってみようかな?

Dsc_7690
本殿の前は綺麗に掃き清められて立砂がされてありました。

Dsc_7694
宮本武蔵が吉岡一門と決闘の様子を見下ろしていたという松。
現在の一乗寺の下り松は4代目だそうです。

Dsc_7693
実は小説も読んでないので宮本武蔵に関してはあまり知らないんですよσ(^o^;
また、機会があったら読んでみようヾ(^^;)

Dsc_7699
前回来たときは気づかなかった階段。。

Dsc_7701
登っていったらひっそりと常盤稲荷がありました。
昔は八大神社の境内も広かったんでしょうね。

<2011.02.10撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

kenko250

Dsc_7642_3
Kenko250とあるので狸谷不動院さんの階段は250段なんでしょうか?実はこの階段を使って健康キャンペーンをされています。

本堂の横の信徒会館にスタンプカードとスタンプがあり
10個たまると「健康の証」なるものがいただけます。

250段と聞くとたいしたことがありませんが
一乗寺の駅から狸谷不動院さんまでの道のりが
ずっと上り坂なのが堪えた原因でしょうねA^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狸谷山不動院への道

Dsc_7570
ようお越し♪ここからが本番でっせ~~!

Dsc_7571
お~!こんなところで阪神タイガースにあえるとは!
どうやら吉田監督、こちらで願掛けされたようですね。

Dsc_7574
階段を登るとまず真っ赤な鳥居がお出迎え。
白龍弁財天が祀られてありました。

Dsc_7578
次に見えるは七福神。今年は七福神に縁があるなぁ。。

Dsc_7583
階段の途中でお迎え大師が迎えてくれました。

Dsc_7664
健脚祈願や足腰のお守り祈願のわらじがたくさん結ばれてありました。

Dsc_7586
ひょえぇ~~!まだ、階段があるの(゜o゜)ヾ(^^;)

Dsc_7593
登りきった右手にあった祠。
こちらの周りをまわってお百度参りをするみたい。
衣食住愛の守護神と書かれてありましたが
いったいどなたをお祀りされてるんでしょうか?

Dsc_7609
宮本武蔵が精神修行をした滝だそうです。
昔は水量が多かったのかしら?

Dsc_7635
宮本武蔵の修行の滝の前から女厄坂33段を登って本殿へお参りしました。

Dsc_7626
こちらのご本尊の不動明王は平安京の城郭東北隅に鬼門守護として、桓武天皇勅願により祭祀されたもので咤怒鬼(タヌキ)不動明王といわれています。

本堂までの道は大変だったけれど心晴々、
パワースポットと呼ぶにふさわしい所だと思いました(*^_^*)


| | コメント (8) | トラックバック (0)

さむ〜

さむ〜
さむ〜
さむ〜
さむ〜
仕事中σ(^o^;
昨日なら雪の銀閣、撮れたのになぁ。。。残念ヾ(^^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

長い道のりヾ(^^;~狸谷山不動院

Dsc_7548
夏の暑い時なら詩仙堂まででもヘロヘロになりますが
本日は意を決して詩仙堂をすぎ。。


Dsc_7549
八大神社を越え。。


Dsc_7552
野仏庵を過ぎた頃から急に勾配がきつくなります^^;


Dsc_7553
え~まだ200mもあるの!
ココでちょっと後悔ヾ(^^;
マスクをしてたのですが酸欠状態になってとりました^^;

Dsc_7557
狸谷山不動院の駐車場をすぎてさらに登ります。

Dsc_7564
ひぇ~~これ、膝大丈夫かなぁ。。。^^;

Dsc_7566
狸さんちょっと休憩させてね♪
小雪がちらついてましたがすでに汗かいてます^^;
ここでマフラーと手袋を取り、ダウンの前も開けました。

Dsc_7568
さらに登るとやっと入り口に到着!
今回まだまだ引っ張ります(*^^*)☆\^^;

<2011.02.10撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のメニュー

今日のメニュー
娘が伏見のお稲荷さんへ行きたいというので
予定してたら頭痛がするとかでドタキャンされました^^;

出かける時間もお昼前になったので予定大幅変更。。

一乗寺中谷さんの和テイストのチョコを買いたかったので
行き先を一乗寺に決定!

狸谷山不動尊→八大神社→詩仙堂→一乗寺中谷→銀閣寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはりこれは外せませんヾ(^^;

Dsc_7530
たくさん歩いて、楽しんだ後はやはり。。。

Dsc_7528
お楽しみはお茶の時間です♪
ショーケースの中は目移りする春のケーキがいっぱい(^◇^)♪
私は大きな苺ののった定番のショートケーキに釘付け♪コーヒーと一緒に

Dsc_7529
シェラメール
寺町通り夷川上ル西側
075-241-0719
10:00~18:00
定休日 水曜


<2011.02.03撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どちらにしようかな?

Dsc_7397
廬山寺に向かう途中、向かいあわせに八ツ橋屋さん♪

Dsc_7398
聖護院さんにしようか?

Dsc_7399
西尾さんにしようか?

Dsc_7539
限定品に弱い私^^;
結局、おみやげは聖護院さんの鬼餅にしたのでした(*^_^*)
この鬼餅は三色団子のような感じで緑の抹茶以外は八ツ橋と同じニッキ味でした。

<2011.02.03撮影>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

聖護院の行者さんと須賀神社の懸想文売り

Dsc_7370
河道屋さんにいたときから聞こえていた法螺貝の音は
聖護院さんからだったんですね。

Dsc_7392
メンバーの一人と行者さんとツーショット写真は
載せられないので別の写真を載せますが
若い別嬪さんに行者さんもニコニコです。

Dsc_7377
須賀神社へやってきました。
この方が懸想文売りさん♪
写真撮ってもいいですか?の声に
気軽にポーズをとってくださいました(*^_^*)
早速、懸想文をゲット!
この懸想文は良縁と衣装もちになれるお守りなのです♪

Dsc_7382
なので若い女性にも大人気♪

Dsc_7386
昨年から登場の懸想文売りストラップ
これもゲット♪(^◇^)


Dsc_7388
お参りした後はこの日限定の須賀多餅と節分の豆の入ったお茶を頂きました(^◇^)

Dsc_7389
白が柚餡、赤が梅餡。私は柚餡をいただきました。
さっきお蕎麦をいただいたばかりだけれど、これは別腹ですね(^◇^)

<2011.02.03撮影>
110206_204601_2
懸想文とはラブレターのことです。
その懸想文が良縁のお守りの形になってますが

110206_204701

本当は人知れずこっそりと箪笥にしまうと
衣装持ちになれるそうです。
でも、中身公開しちゃってご利益あるかな?A^^; ヾ(^^;)

<2011.02.03撮影>

| | コメント (10) | トラックバック (0)

河道屋養老で年越し蕎麦♪

Dsc_7351
平安神宮を途中で出たのは先生が河道屋養老さんを予約してくださっていたからでした。

Dsc_7349
さぁさぁ、早よ入りましょ♪(*^_^*)

Dsc_7363
外まで行列していたのに時間通りに席に通された優越感(*^^*)☆\^^;
先生に感謝♪感謝♪です。

Dsc_73521
お席は個室でゆっくり♪
別嬪さんのお顔が出せないのが残念ですが
左はこの日きものさんぽデビューのUさん
右が先生です(*^_^*)

Dsc_7357
洋服では考えられない組み合わせが出来るのが着物の醍醐味♪
Fさんの黄色のモダンな帯いいですね!
羽織の紐もアンティークのブレスレットを加工されたんですって♪

Dsc_7361
注文した天ぷらそばが先にやってきたので先生たちを差し置いてお先に失礼ヾ(^^;)
こちらのお蕎麦は色が白くて少し太めで柔らかい。
蕎麦とうどんの間みたいな麺でした。


Dsc_7366
なんで年越し蕎麦?と思ったら
旧暦の大晦日にあたるんですね(^◇^)

Kimonosanpo
入り口で記念撮影。
私Milkは左から2人目(^_^)v

<2011.02.03撮影>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

廬山寺~鬼法楽

旬を逃すのでお出かけした順番を入れ替えてアップします。
おでかけ最後の目的地、廬山寺です。

Dsc_7416
鬼踊りをしている赤、青、黒の鬼は人間のもつ三毒、
つまり貪欲・怒り・愚痴を表現しています。
この三毒を運勢の変わり目といわれる節分の日に追い払い、
開運をはかり新しい節を迎えるという法会行事が追儺式鬼法楽です。


Dsc_7423
到着した頃は門まで人が溢れていたのですが少しずつ前に行ったもののとても写真を撮れる状態ではなかったのでファインダーも覗かず手を伸ばして勘で撮り鬼さんをを少し切り取って大きくしていますA^^;

Dsc_7434
吉田神社の鬼さんはおどかしに来るそうですが
こちらの鬼さんはあまり怖くありませんね(*^_^*)

Dsc_7461
カメラを向けている人に大サービスです♪(^◇^)

Dsc_7470
「ぼん、特等席やなぁ」

Dsc_7480
追儺師が東・西・南・北・中央の5箇所に向い矢を射て、
悪鬼、邪霊を降伏して平和を守ります。


Dsc_7504
鬼踊りが終わった後の赤鬼さんは大人気!

Dsc_7518
この日はお昼は10度を超えていたので鬼さんは汗だくでしたA^^;
この後、豆まきや鬼のお加持などがあったのですがこちらもここで私たちは退散しました。

110205_103401
こちらで頂いた蓬莱豆です。大豆の外側を砂糖で固めた紅白の豆で、本尊の元三大師が魔滅大師(豆大師)と云われ厄除け開運、諸願成就の観世音菩薩の化身だといわれるその豆大師を表現したものだそうです。

110205_103701_2

この蓬莱豆を紅白一粒づつ食べるとその人の寿命が延びるといわれています。
かなりお砂糖のコーティングがしっかりしてあってこのまま噛もうとしたら歯がたちませんでしたA^^;
大きさも直径1.5cm、2cmの楕円形で大豆の豆よりかなり大きい。
けっして歳の数、食べたんじゃないからねσ(^o^;ヾ(^^;)

っていうより歳の数だと一袋では足りないわ(^◇^)☆\(^^;)

<2011.02.03撮影>

この蓬莱豆は紅白2粒食べると福寿が6年延び、
紅白いずれか1粒食べると3年延びると説明書がありました(*^_^*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

平安神宮~節分奉納狂言

Dsc_7347
平日なので今回のきものさんぽは教室から移動は先生と私含めて3人。現地でもう一人合流ということで4人で節分行事のはしごです♪

まずは茂山千之丞社中が奉仕して奉納される狂言を見るために平安神宮へやってきました(*^_^*)
Dsc_7257
因幡堂
大酒飲みの妻に愛想をつかした男が、
妻が実家に帰ったのを幸いに離縁状を届けさせた上で、
因幡堂の薬師如来に妻乞い(つまごい)をする。

それを知った妻が腹を立て、因幡堂へ行き、神様ふりをして、
「西門の一の階(きざはし)に立ったのを妻と定めよ」
という告げをして、被き(かずき)姿で立つ。

夫はご夢想の妻と信じて連れ帰り、盃事をするが、
この女も大酒飲みで、盃を離さない。

被きを取ったところ、それはもとの妻であった。


Dsc_7292
土筆つくづくし
野遊びに出かけた二人の男が、ツクシや芍薬を見て、
歌を詠み古歌を挙げるが、その引き歌のことばを
間違えていることが原因で口争いをし、相撲を取ることとなる。

Dsc_7302
舟船ふねふな
最近忙しかった主人は、たまには外出しようと太郎冠者に相談する。
太郎冠者の発案で西宮に行くことにしたが、
途中で神崎川という大きな川に出くわしてしまう。
乗る物を太郎冠者に探させると、太郎冠者は遠くのほうの船に向かって「船(ふな)やーい。船やーい。」と呼びかける。
主人は「あれは舟(ふね)だ」というが、太郎冠者は古歌を引き合いに出して船だと言い張る。
主人も古歌を読んだり謡を謡ったりして 船と言い張るが、太郎冠者に言い負けてしまう。

Dsc_7340
萩大名
歌の心得がない大名が太郎冠者に萩を読み込んだ歌を
伝授してもらってでかけるが庭を誉め損なった上、
太郎冠者に助けられながらも、満足にこの歌を詠むことが出来ない。
太郎冠者はあきれて先に帰ってしまい、大名は最後の七文字を思い出せず、
ようやく思い出したと思われたところが、またトンチンカンな事を言ってしまい、亭主に叱られる。


~~~~~~~~~~~~~~~
まだまだ演目はあったのですがお昼を済ませて
次へ移動する予定があったのでここまでとなりました。
実は舟船の太郎冠者は先生の旦那様だったりします(*^_^*)

<2011.02.03撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日のメニュー

本日のメニュー
平安神宮(節分奉納狂言)→河道屋養老(昼食)
→須賀神社(懸想文売り)→蘆山寺(追儺式鬼法楽)
→シェラメール(ケーキ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

きものさんぽみち

きものさんぽみち
着付け教室に到着です。
こちらではよそゆきはもちろん
普段着着物のコツも教えてもらえてgood♪(^◇^)

着付けのチェックをしてもらって
いよいよ節分行事に出発です♪(^o^)丿

Dsc_7221
型染め摺り友禅

Dsc_7225
振り返っている兎さんは角倉金襴で有名な花兎だそうです。
奈良正倉院のお宝にも兎さんの柄がでてくるそうですよ!

Dsc_7224
こちらの掛け軸の表装もこちらの型友禅。

Dsc_7232
この柄も上と同じく正倉院にでもでてくる柄なんだそうですが
とってもハイカラですよね(*^_^*)

着物の着付けに興味のある方は
きものさんぽみちへ♪(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早めに着いたので

早めに着いたので
時間調整(*^o^*)
二条城前にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分♪

110202_155001

(をにはそと)
遠仁者疎道
(じんにとおきものはみちにうとし)

(ふくはうち)
不苦者有智
(くるしまざるものにはちあり)


3日は久しぶりに着付け教室のみなさんと
着物でおでかけに参加します♪(^o^)丿
楽しみです(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最後はオルゴール館。

Dsc_7202
私一人ではまず、立ち寄らない場所でしょうねA^^;
一階は喫茶とオルゴールショップ。
博物館は2階ということです。

Dsc_7204
中は撮影禁止なので写真はありません。
まず、驚いたのが入場料1000円!
「内心失敗したかな?」なんて思いましたが
説明を聞きながら100年以上前のオルゴールを数点実演。
それも、ただのオルゴールではなくてからくり人形♪
細かい動きと素敵な音色に納得のいくものでした(^o^)丿

3時から1階のカフェでオルゴール演奏がありますと
誘われましたがおなかがすいたのでお店を後に。。

お昼は鰻でもなんて思ってましたが
廣川さんは店舗改装中でおやすみA^^;

嵐電駅近くでお蕎麦屋さん発見♪
十割蕎麦が気になったけれど
すっかり体が冷えきっていたので

Dsc_7206
私はにしん蕎麦。

Dsc_7209
娘はジュウジュウ音を立てながらやってきた
天ぷらそばを注文♪

Dsc_7212
新しいお店でしたがなかなかおいしかったです。(*^_^*)

Dsc_7214
身体も暖まったことだしそろそろ帰ろうか?

鰻食べ損なったし、帰りに錦市場へよって
鰻でも買って帰ろう(*^_^*)

<2011.01.27撮影>

| | コメント (6) | トラックバック (0)

野々宮神社でえんむすび?

Dsc_7191
この時期、とにかくお休みのところが多いA^^;
冬期休業のお店に落柿舎も閉まってる(-_-;)。。。
結局、次にやってきたのは野々宮神社。

Dsc_7194
我家は縁結びではないけれど。。

Dsc_7193
しっかりとお願い事をしました(*^_^*)

Dsc_7200
竹林を抜けて最後の目的地、オルゴール館へ

※すっかり神社仏閣に飽きてオルゴール館へ急ぐ娘ヾ(^^;)

<2011.01.27>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »