« ちょっと寄り道~文子天満宮 | トップページ | 枚方近鉄百貨店最後の日 »

京都冬の旅5箇所目~平等寺(因幡薬師堂)

Dsc_1847
文子天満宮からまっすぐ北上。
京都冬の旅5箇所目は平等寺へやってきました。


Dsc_1848
実は平等寺?どこだと思ったんですが
因幡薬師さんだったんですよねヾ(^^;


Dsc_1850
実は洛陽三十三観音詣りでお世話になっていたにも関わらず
平等寺というお名前はぜんぜん馴染みがありませんでした(*^^*)☆\^^;


Dsc_1851
日本三如来の一つに数えられる本尊薬師如来立像(重文)
清凉寺式釈迦如来像(重文)
如意輪観音坐像(重文)
開基 橘行平坐像
十二神将、不動明王像
小督局遺品「毛髪織込光明真言」
小督局愛用の「琴」と「蒔絵硯筥(すずりばこ)」
『一代要記』(北村季吟写本)ほか高倉天皇ゆかりの寺宝
冬の旅で素晴らしいお宝を間近で見ることができました(*^_^*)


Dsc_1854
こちらが三十三観音詣りでお世話になった観音堂


Dsc_1855
因幡薬師さんは心願成就、がん封じにご利益あり(*^_^*)

<2012.02.16撮影>

|

« ちょっと寄り道~文子天満宮 | トップページ | 枚方近鉄百貨店最後の日 »

コメント

私、小督局遺品「毛髪織込光明真言」を見て、
ちっょと怖かったです。
局の念が今でも残っている様な気がしたのですよ。
でも、900年近く前の人の髪の毛が残っているというのも、
凄い話ですよね。

投稿: なおくん | 2012/02/27 21:23

☆なおくん
この遺品は凄かったですね!
でも私は珍しく嫌な気はしなかったです^^;

糸の代わりに髪の毛をつかって
経の文字を織るなんて
当時の技術と根気にも脱帽です。

投稿: Milk | 2012/02/27 23:41

おはようございます~。
確かに因幡薬師の方で
いいますからね。
平等寺という名前を使う機会の方が
少ないかも(笑)

投稿: youpv | 2012/02/28 06:26

Milkさん、おはようございます。
先日私もこちらに行きました。
因幡薬師さんっていうんですか?
はじめて行ったので、丁寧な説明を聞いて勉強になりました。
そうそう、髪の毛で織られたの見ました。
私もちょっと怖いなと思いました(^^;)

投稿: むーみん | 2012/02/28 08:44

☆youpvさん
因幡薬師さんが通称だったとはうかつでしたA^^;

この呼び名しか聞いた事がなくて
「平等寺ってどこ?」と地図を探しましたよヾ(^^;)

投稿: Milk | 2012/02/28 14:58

☆むーみんさん
こちらは見所ありましたね♪(*^_^*)

そうそうこちらのお寺の紋は写真を見ればわかると思いますが皇族の証の菊と開基橘行平の橘だそうです。

投稿: Milk | 2012/02/28 15:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/54086186

この記事へのトラックバック一覧です: 京都冬の旅5箇所目~平等寺(因幡薬師堂):

« ちょっと寄り道~文子天満宮 | トップページ | 枚方近鉄百貨店最後の日 »