« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

暑い京都の昼下がり~青蓮院お庭編

Dsc_6634
枯れない蓮を見た後はぐるりと青蓮院さんの中を散策


Dsc_6649
まずは青不動さんを拝みにいきましょう


Dsc_6659
お庭を眺めながらあっち行ったり


Dsc_6664
こっちに来たりヾ(^^;
受付で『ちょうど団体さんが帰ったところなのでゆっくりしてくださいね』という言葉にすっかり甘えてしまいました


Dsc_6666
そして建物の中を風が通る道を探しながら


Dsc_6671
歩いた後は


Dsc_6685
ゆっくりお庭を眺めながらお抹茶をいただきました。
今日のお菓子はとらやの羊羹♪

お抹茶を飲み干したら


Dsc_6688
夢が出てきました(*^_^*)

そしてその後は靴を履いてお庭を散策します


Dsc_6703
気の早い萩の花がひとつふたつ咲き始めていました


Dsc_6705


Dsc_6706
コムラサキの花


Dsc_6708


Dsc_6710
桔梗と
気を抜くと見過ごしてしまうような花々を探しながら歩きます


Dsc_6717
竹林を抜ける風は目に見えるようです


Dsc_6735
<2012.07.26撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

枯れない蓮~青蓮院

Img_245499_46489232_0
知恩院参道から青蓮院へやってきました

Img_245499_46489232_1
暑い京都の昼下がり蓮池に行っても先週のように期待できないので枯れない蓮を見に行ってきました

Img_245499_46489232_2
枯れない蓮とはこれ♪(*^_^*)

Img_245499_46489232_3
襖に描かれた色とりどりの蓮

Img_245499_46489232_4
インパクトのあるこの蓮の絵はお気に入り(*^_^*)


Img_245499_46489232_5
<2012.07.26撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑い京都の昼下がり~知恩院界隈

Img_936276_46486478_0
知恩院のムクロジ
ムクロジの果皮は石鹸に種子は数珠や羽子板のおもりなどに使われるようです。こちらのムクロジは知恩院さんの築地のころからのものらしいです。

Img_936276_46486478_1
雪のように真っ白な咲き始めの百日紅


Img_936276_46486478_2
ぞくぞくと知恩院さんの山門をくぐっていく姿が見えました


Img_936276_46486478_3
修学旅行生と思いきや中国からの団体さんのようでした

<2012.07.26撮影>


| | コメント (4) | トラックバック (0)

暑い京都の昼下がり~祇園界隈

今週こそ朝早めに出たい!と思いながらも一応主婦なので
家族が出かけないとなかなか外出しにくいMilkですヾ(^^;
Img_245499_46484141_0
で、今週もお昼すぎから京都ということで手身近に祇園界隈を散策

Img_245499_46484141_1
すっかりあつかましくなって自分で餌をとらないでおねだりしているサギです^^;

Img_245499_46484141_2
ご存知、かにかくにの碑

Img_245499_46484141_3
あまりに暑いので辰巳大明神もこのとおり

Img_245499_46484141_4
<2012.07.26撮影>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い日には暑い日の楽しみ方もあるさヾ(^^;~みたらし祭り

Dsc_6829
今年も下賀茂神社のみたらし祭り
足つけ神事へとやってきました


Dsc_6831
6時を過ぎてもまだ明るいです^^;


Dsc_6838
情緒はありませんが空いているうちにお参りしましょう!


Dsc_6842
この時期、水量がおおくなる下賀茂神社の湧き水がみたらし池をみたします。36度を超える猛暑日の京都ですが湧き水のみたらし池はとっても冷たい♪

Dsc_6843
おろうそくをあげて池からでると足がポカポカとしてきて
スッと軽くなります

Dsc_6845
まずはご神水をいただきましょう♪

Dsc_6847
冷たいご神水をいただいて
もってきた ペットボトルにもいただきました
もちろん志をちゃんと納めましたよヾ(^^;

Dsc_6851
そして今年もいただいた足のお守り
これで今年残りも元気に京都へ遊びに来れるかな?


Dsc_6849
念押しに足型も奉納
この裏には氏名と年齢(数え年)が書いてあります


Dsc_6850
そして井上社の水に流します


Dsc_6868
日が暮れるのを待って写真を撮りました


Dsc_6875
暗くなると雰囲気いいですね(*^_^*)


Dsc_6885
夜はみたらし池に入るにも行列が伸びていました


Dsc_6896

提灯に灯がともるとまた雰囲気がいいですね

<2012.07.26撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

暑さに負けて。。。ちょっと様子見~大蓮寺

ぐずぐずしている間にお昼になってしまいました^^;
暑い中、駄目もとでやってきたのは大蓮寺

Img_245499_46476248_0
こちらは三十三観音詣りでお世話になったお寺です

Img_245499_46476248_1
走り坊さんのお寺といったら思い出された方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Img_245499_46476248_2
こちらの本堂の前にはたくさんの蓮の水鉢がおいてあります。

Img_245499_46476248_3
祇園祭からず~~っと暑い日が続いているので
蓮の花もぐったりです

Img_245499_46476248_4
やはり朝早く来ないと駄目ですね^^;

Img_245499_46476248_5
それでも元気な蕾を探して撮ってみましょう


Img_245499_46476248_6
ダメです。
暑くて根気なし^^;ヾ(^^;

<2012・07.19撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祇園宵山そぞろ歩き~鯉山、橋弁慶山

Img_1030353_46470250_0
明日も朝から娘が仕事のため今年の祇園祭はこれでおしまい。。
ということで帰り道に覗いたのは鯉山


Img_1030353_46470250_1
こちらの山も人気があって随分と行列してました。
混雑のため写真を撮れる場所が決まっていて鯉の角度が悪くて残念^^;


Img_1030353_46470250_2
懸想品を見るには比較的空いているお昼に見るのに限りますねヾ(^^;


Img_1030353_46470250_3
帰り道もうひとつ通りがかったのが橋弁慶山


Img_1030353_46470250_4
会所の二階から弁慶さんと牛若丸が見下ろしてます

Img_1030353_46470250_5
立派な橋は1階に

<2012.07.16撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都祇園そぞろあるき布袋山~焼山 (休み山)

八幡山から鯉山に抜ける途中
焼山である布袋山の前に差し掛かりました
Img_1030353_46464821_0
天明の大火により一部を残しほぼ焼失した布袋山は休み山となっていますが

Img_1030353_46464821_1
大船鉾に続いて復興を目指しておられます
この日も400年ぶりの復興をめざして胴組ができましたとお披露目会をされていました。


Img_1030353_46464821_2
ご神体はこちらに

残る鷹山も復興するのかしら?

<2012.07.16撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祇園宵山そぞろあるき~八幡山

Img_1030353_46464770_0
蟷螂山の近くのお蕎麦屋さんの天ざるで腹ごしらえ
しばしエアコンで涼めて生き返りましたヾ(^^;


Img_1030353_46464770_1
食事の後は空いた道を探して
やってきたのは八幡山


Img_1030353_46464770_2
何も知らない娘に会所の雰囲気を。。。

Img_1030353_46464770_3
この時間中も結構空いてました

Img_1030353_46464770_4
この時間子供たちの歌が聞けなかったのですが帰り際に歌い始めて少しだけ聞くことが出来ました

Img_1030353_46464770_5
新旧の鳩の飾り
左甚五郎の作といわれる旧の鳩にかわって新しい鳩が巡行の山に取り付けられてましたね(*^_^*)
<2012.07.16撮影>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園宵山そぞろ歩き~四条烏丸

Dsc_6436
明日神幸祭が終わるとこちらにお神輿三基が祀られるお旅所で八坂さんの粽を売っていました


Dsc_6438
四条烏丸へやってきました。
まずは長刀鉾


Dsc_6448
歩行者天国は左側通行
いくらお巡りさんが立ち止まらないでくださいと叫んでも前が詰まってるのでしょうがないヾ(^^;このあたりが一番混雑してました


Dsc_6457
交差点をわたって次に見えるは函谷鉾
こちらも大人気!


Dsc_6467
今年は函谷鉾の手ぬぐいをゲット♪(*^_^*)


Dsc_6480
月鉾

うちのお嬢はこのあたりの鉾の前にたくさんの提灯が灯っているよく見る風景を見るのが目的。
明日も仕事なので今年はお嬢の体力に合わせているので無理をして山鉾めぐりはしませんでした(^^ゞ


Dsc_6483
人の溢れている四条通りから膏薬図子へ
 空也上人がこの辺りに開いた道場が「空也供養の道場」と称されていたことから、「空也供養(くうやくよう)」の部分が訛って「膏薬(こうやく)」になったといわれています


Dsc_6484
このあたりは平将門の首が晒された場所であったことから神田明神が祀られています
数年前はこちらに移されたばかりで建物の中には小さな祠しかなかったのですが今年は鳥居ができていました。

Dsc_6489
そして毎度おなじみの木版画の竹笹堂
今年はこのあたりに新しいお店が増えており随分と明るくなってしまって以前の静かな風情はなくなってしまいました^^;

Dsc_6491
そしてお嬢がどうしてもみたかった蟷螂山

Dsc_6493
鉾のからくり蟷螂はうごきませんが

Dsc_6503

おなじみ蟷螂おみくじに満足しておりました。

<2012.07.16撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祇園宵山そぞろ歩き~八坂神社

Dsc_6405
仕事をいつもより2時間早く切り上げさせてもらって珍しく娘が祇園祭の雰囲気だけ味わいというので一緒に行ってきました
四条に着いたら長刀鉾のお稚児さんとすれ違いました


Dsc_6417
四条通は歩行者天国が始まってました。
こんな道路のど真ん中から八坂さんの門を撮影できるなんて(*^_^*)v


Dsc_6418


Dsc_6419
蘇民将来をお祀りしてある疫神社


Dsc_6421
大黒様と白兎の像が増えてました

Dsc_6424
石見神楽を見たかったのですが境内はすでにこんな状態^^;
一人なら待つのですが娘がいるので今年はあきらめました。


Dsc_6425
神様が明日の神輿渡御でこのお神輿に乗ってお旅所へ移動されます
中御座(六角形[スサノヲノミコト])、
東御座(四角形[クシイナダヒメノミコト])、
西御座(八角形[ヤハシラノミコガミ])


Dsc_6430
山鉾を見るために四条通に戻ってくると
奉納の雅楽が終わったところのようです


Dsc_6432


Dsc_6433


Dsc_6435
あまりに暑かったので辻利の抹茶ソフトを食べながら歩きますヾ(^^;

<2012.07.16撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コンチキチンに誘われて~鉾建て山建て京の街角

Img_1030353_46452910_0
さきほど菊水鉾の曳き初めをするために見ることができなかった月鉾

Img_1030353_46452910_1
引き初めが終わり雨対策用のシートをかけたり
雨よけの屋根をつけたりといろいろと大忙し

Img_1030353_46452910_2
こちらはなぜか鉾建てが遅れていた放下鉾

Img_1030353_46452910_3
あきらめていた鉾建てを見ることができました(^^ゞ


Img_1030353_46452910_4
綺麗に縄で組み上げられています


Img_1030353_46452910_5
いい仕事ですね~~ヾ(^^;

Img_1030353_46452910_6
放下鉾から次は南観音山へ


Img_1030353_46452910_7
こちらも本当なら午前6時からの山建てが
朝の雨で予定が遅れていたので
ラッキーにも見ることができました


Img_1030353_46452910_8
皆さん黙々と組んでられていました


Img_1030353_46452910_9
この横をバスツアーの団体さんが抜けて行きました。

<2012.07.12撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンチキチンに誘われて♪~祇園祭2012菊水鉾

Img_1030353_46450331_0
鶏鉾から菊水鉾へ移動中、池の坊短大の学生さんが記念撮影

Img_1030353_46450331_1
3時からは月鉾と菊水鉾が曳き初め
どちらにしようかと思いましたが月鉾は混んでいると思いこちらへ

Img_1030353_46450331_2
今度こそ早めに並んで鉾を曳くぞ!


Img_1030353_46450331_3
間近で見れるのは嬉しいです♪

Img_1030353_46450331_4
飾りつけも終わり引き初めの準備に入ります


Img_1030353_46450331_5
まずは所定の位置に鉾を移動します

Img_1030353_46450331_6
囃し方の子供たちもやってきました
素敵な浴衣ですね

Img_1030353_46450331_7
待ちくたびれちゃった^^;

Img_1030353_46450331_8
月鉾の曳き初めと四条通りで重ならないように時間調整待ち^^;
予定より10分過ぎてますねヾ(^^;


Img_1030353_46450331_9
エンヤラヤーと四条通りまで鉾が動きます
この狭い通りを鉾が通るのは迫力ありますね

Img_1030353_46450331_10
四条通まで来ると今度は会所までもどります。
このとき四条通では完全に通行止めではなく交通整理で車やバスも通行してます。
このスムーズな交通整理はイベントの多い京都府警ならではないでしょうか


Img_1030353_46450331_11
女人禁制の祇園祭も曳き初めだけはOK
今年初参加でしたが祇園祭が寄り身近に感じました。
鉾を曳かせてもらって厄払いになったかな?(*^_^*)

巡行当日も事故が無いように願っています

<2012.07.12撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンチキチンに誘われて~祇園祭2012鶏鉾

Img_1030353_46447972_0
函谷鉾の次は鶏鉾へ

Img_1030353_46447972_1
こちらでは小学生が曳き初めをするみたいです

Img_1030353_46447972_2
ただいま鉾の飾りつけ中


Img_1030353_46447972_3
車方さんはもう少しまってねヾ(^^;

Img_1030353_46447972_4
大きな鉾の車輪の近くで鉾の軌道修正は見ていてもヒヤヒヤします


Img_1030353_46447972_5
曳き初めが始まりました!

Img_1030353_46447972_6
ゆっくりと動き出します

Img_1030353_46447972_7
小学生が多かったのでこちらでも鉾を曳くのはあきらめましたヾ(^^;


Img_1030353_46447972_8
鉾は四条通までやってきました
綱を曳く先頭は四条通り交差点のど真ん中へ


Img_1030353_46447972_9
鉾が四条通りへやってきました。
この後もとの位置へと戻りますが私は今度こそ曳き初めに参加するべく菊水鉾へ!

<2012.07.12撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンチキチンに誘われて~祇園祭2012函谷鉾

Img_1030353_46445722_0
長刀鉾をすぎ四条烏丸の交差点に来るとコンチキチンの音色!
函谷鉾の試し曳きがはじまりました!


Img_1030353_46445722_1
信号が青になるのを待てダッシュしましたがこの有様。


Img_1030353_46445722_2
到着する頃には試し曳きは締め切られてました^^;


Img_1030353_46445722_3
仕方ないのでこちらでは撮影に力を入れましょうヾ(^^;


Img_1030353_46445722_4
お囃子が始まりエンヤラヤーの掛け声で鉾が動き出します。

Img_1030353_46445722_5
大きな鉾がギシギシ音を立てながらすぐそばを通っていくのは迫力大!!

<2012.07.12撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンチキチンに誘われて~祇園祭2012長刀鉾

Dsc_5966
午前中の雨に出鼻をくじかれどうしようと思いましたが今年は祇園祭宵山から巡行当日に木曜日が重ならないので少しでも祇園祭を感じようと本日鉾の曳き初めがあるというのでお昼から京都へ行ってきました


Dsc_5974
混雑している四条通りをひたすら歩きます。
長刀鉾が見えてきました。試し曳きの準備が始まってました


Dsc_5979


Dsc_5983
縄の芸術ですよね♪(*^_^*)


Dsc_5985_2
長刀鉾は矛先に大長刀をつけているのでこうよばれます。
古来くじとらずの巡行の一番先頭に立つ鉾です


Dsc_6317
長刀鉾の試し曳きは3:30から
帰り際4時をすぎていたのであきらめていたら少しだけ見ることができました


Dsc_6323
試し曳きでは子供や女性もひっぱることができます。
綱を曳くと厄除けになるといわれているそうです


Dsc_6336
そして長刀鉾は唯一生き稚児が乗っている鉾
今年のお稚児さんは福井正賢(まさよし)君 10歳
禿(かむろ)は弟の福井正道君 8歳と安藤健之助君 8歳

Dsc_6340


Dsc_6345


Dsc_6347


Dsc_6348


Dsc_6360

<2012.07.12撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

源氏物語ミュージアム

Dsc_5950
三室戸寺からの帰りは宇治まで歩きました
しかし拝観時間には間に合いそうも無いので久しぶりに
途中にある源氏物語ミュージアムへ寄りました


Dsc_5948
庭をたのしみつつ


Dsc_5947
館内へ


Dsc_5914
まずは展示室の平安の間へ


Dsc_5916
恥ずかしながら源氏物語を最初から最後まで読んだことがありません^^;
いつも途中で挫折、最初と最後だけで中身なしヾ(^^;

Dsc_5917
牛車と女房装束
雅ですね~~(*^_^*)


Dsc_5920
某局の平清盛でもよくでてくる双六


Dsc_5927
貴族文化ですね
他人の部屋を覗き見したような感じヾ(^^;

Dsc_5928
映像展示「源氏物語と王朝絵巻」
スクリーンに源氏物語のあらすじを簡単に紹介、放映されています


Dsc_5931
六条院の模型


Dsc_5939
宇治の間では宇治十帖の展示
、『薫の垣間見』


Dsc_5942


Dsc_5944
『匂宮と浮舟』

この後シアターで『橋姫』と『浮舟』を20分づつ閉館ぎりぎりまで見ました。
橋姫の語りは白石 加代子さん、何度か見ている橋姫ですが独特のおどろおどろしい雰囲気の語り口調、でてくる俳優さんもなかなか豪華。
浮舟のほうは人形劇、しかし声優陣はやはり豪華な俳優さんでなかなかお金がかかっているフィルムでじはないでしょうか

で、最後まで一緒に見ていた小団体さんは中国からの人たちでした


Dsc_5912
コムラサキの花
<2012.07.05撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花の茶屋~三室戸寺

Img_254009_46434288_0
三室戸寺紫陽花苑内にある花の茶屋
手作りはんなり京飴「岩井製菓」さんが経営されています。

いつもは冷やし飴をいただくのですが茶舗ふじ井さんがお休みだったのでこちらで甘味を(*^_^*)


Img_254009_46434288_1
あじさい冷やしぜんざいです。


Img_254009_46434288_2
カラフルな色の白玉と中央のゼリーは紫陽花をあらわしてるのかしら?

<2012.07.05撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三室戸寺~紫陽花苑編

Dsc_5876
階段を下りて紫陽花苑へ


Dsc_5881
三室戸寺の紫陽花苑は8日までのようです

Dsc_5882
さすがにピークは過ぎて元気の無い紫陽花も目立ちましたが
今年はまだ元気な紫陽花もたくさんありました

Dsc_5886
もう少し早ければハート紫陽花だったんではないでしょうか?
今年は綺麗なハート紫陽花は見つけることができませんでした

Dsc_5887
まとわりつくような湿気の中でしたが
思ったより蚊の攻撃が無くて助かりました^^;


Dsc_5889
一汗かいたのでこの後花の茶屋によって休憩をしようかな?(*^_^*)


Dsc_5904
今年はカレンダーの並びと天候に左右されて
ぎりぎりセーフ拝観が多いですが比較的涼しい日もあったので花は長持ちしてるみたいです

Dsc_5905
また来年も綺麗に咲きそろった紫陽花を期待します(*^_^*)

<2012.07.05撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三室戸寺~本堂前蓮編

Img_355449_46427572_0
1時過ぎからのお出かけなので時間的に一箇所かな^^;
ということで三室戸寺へやってきました。


Img_355449_46427572_1
アジサイ園は8日までということですが
どうにか紫陽花は残ってそうです^^;


Img_355449_46427572_2
雨が降っているので階段は要注意ヾ(^^;


Img_355449_46427572_3
手水舎で手を洗い


Img_355449_46427572_4
本堂へまずはお参り


Img_355449_46427572_5
お線香を上げてお祈りの後は
じっくりと蓮を。。


Img_355449_46427572_6
水玉の軌跡


Img_355449_46427572_7
まだまだ蓮は咲き始め


Img_355449_46427572_8
今日は白い蓮が多かったかな(*^_^*)


Img_355449_46427572_9
大きな花も

Img_355449_46427572_10
小さな花も雨のおかげでお昼を過ぎても元気です


Img_355449_46427572_11
<2012.07.05撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本一辛い唐辛子

日本一辛い唐辛子
中身は黄色い唐辛子の粉
普通の唐辛子より粒子細かくしてあります。
さっそくお漬物にかけて食べて見ました。

辛さ半端無いです。
思わずむせてしまった

通常の唐辛子の感覚でかけたらとんでもないことになりますA^^; ヾ(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

智積院の桔梗!は当てが外れて紫陽花だった^^;

Img_245499_46423279_0
天得院の桔梗を見た後、
智積院の桔梗の咲き具合を確認しに来ました

Img_245499_46423279_1
綺麗に咲いています!
といいたいところですが


Img_245499_46423279_2
今年の桔梗はまだこんな感じです^^;
気候にかなり左右されたようですね
紫陽花が終わる頃にはまたお手入れされるかな?


Img_245499_46423279_3
でも桔梗がだめでも紫陽花があるさ!


Img_245499_46423279_4
こちらで写真を撮っていたら


Img_245499_46423279_5
通りかかったご住職が金堂の裏にも紫陽花が咲いてるよと教えてくれました

Img_245499_46423279_6
こちらが金堂裏の紫陽花です♪(*^_^*)


Img_245499_46423279_7
ちょっとピークは過ぎていましたが
まだまだ見ごたえがありました

Img_245499_46423279_8
お墓参り帰りのおばちゃんにも
もう少し早かったらもっと見ごたえあったよといわれました

Img_245499_46423279_9
この後は両足院の半夏生を見に行くために移動。

Img_245499_46423279_10
時間はすでに3時前(*^_^*)
<2012.06.28撮影>

※両足院の半夏生の写真は7月1日のブログで紹介済みです

| | コメント (8) | トラックバック (1)

蓮と紫陽花独り占め!~東福寺塔頭勝林寺

Img_245499_46420827_0
昨年、特別公開で見せていただいた勝林寺
通常は非公開になっています。


Img_245499_46420827_1
境内にあがると蓮の花が咲き始めていました

Img_245499_46420827_2
奥に紫陽花が咲いていました

Img_245499_46420827_3
しばし紫陽花を観賞♪


Img_245499_46420827_4
静かでとっても癒されました!
本日一番の収穫だったかも!(*^_^*)

Img_245499_46420827_5


Img_245499_46420827_6
こちらでは予約制で座禅体験と写経体験があるようです

Img_245499_46420827_7
雨がポツポツと降ってきたのでこちらの境内を通り抜けて

Img_245499_46420827_8
次の目的地、智積院へ

<2012.06.28撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天得院の桔梗

Img_245499_46418097_0
まずは紫陽花がお出迎え(*^_^*)


Img_245499_46418097_1
お馴染みの花頭窓からの眺め


Img_245499_46418097_2
今年の桔梗のお菓子は白
このお菓子は紫と白があってどちらが繰るかはお楽しみ♪


Img_245499_46418097_3
桔梗もまずまず咲きそろい見ごろが始まってました


Img_245499_46418097_4
結構お花がついてるのですが望遠レンズが無いので全体の様子を撮っておきましょう!

Img_245499_46418097_5

縁側に座って一番近い桔梗を撮ってもこのくらいしか寄れませんね^^;


Img_245499_46418097_6
この木面白いでしょ♪
チャボヒバっていうんだって(*^_^*)

<2012.06.28撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今年は7月1日が半夏生~両足院

Img_245499_46415260_1
半夏生といえば両足院の特別拝観


Img_245499_46415260_2
今年もお庭の半夏生を見にやってきました

Img_245499_46415260_3
最近、ニュースで紹介されたらしく人が多かった^^;


Img_245499_46415260_4
半夏生の頃に白くお化粧をする不思議な花
もう一週間もするとまた緑になるのだそうです

Img_245499_46415260_5
お庭のお茶室で半夏生を見ながらお抹茶をいただくことができます

Img_245499_46415260_6
キジバトもお水を飲みに来てました


Img_245499_46415260_7
お茶の心得がない私でもこちらでは
気楽にお抹茶をいただくことができます

Img_245499_46415260_8
お菓子の星と月は両足院さんの紋

Img_245499_46415260_9
中には半夏生を表すヒスイ色の餡

Img_245499_46415260_10
お茶席から見るお庭は最高でした
<2012.06.28撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »