« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

八坂の塔の風景

Img_936276_47521104_0
このところこちらへ出かける機会が多く同じような写真ばかりですが^^;ヾ(^^;

Img_936276_47521104_1
いつものようにいつもの場所から撮っております

Img_936276_47521104_2
しかしこの百日紅が咲いている空き家の改装工事が始まっていました。
幹を見ると思ったよりこの百日紅の状態が悪いようです

Img_936276_47521104_3
どうかこの百日紅が残されますように。。。

<2013.08.22撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

庚申さんの日

Img_245499_47517147_0
和久さんの帰り道

Img_245499_47517147_1
ちょうど四の庚申さんの日で

Img_245499_47517147_2
庚申堂ではご祈祷のお焚き上げをしていました。

そういえば和久さんでおなかいっぱいのあとだったので
厄除けコンニャク焚きのご接待をうけるのを忘れたなぁ。。^^;ヾ(^^;

<2013.08・22撮影>

庚申とは庚(かのえ)申(さる)の日を意味しています。
この夜に人間の体の中にいる三尸(さんし)の虫が、寝ている間に体から脱け出して、天帝にその人間の行った悪行を告げ口に行くとされていて告げ口されると罰として天帝に寿命を縮められるのです。
ところが、三尸の虫は、人間が寝ている間にしか体から脱け出ることができないので、庚申日は、三尸の虫が天帝に告げ口させないように徹夜をしてそれを阻止します。これを庚申待ちといいます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑い日のメインイベント~和久さんでランチ♪

Img_324116_47510987_0
この日も37度もあろうかという暑い夏の日
お友達との二人連れ
歩くのはあきらめてこの日のメインイベントは京都でランチ


Img_324116_47510987_1
もちろん和久さんでいただきました(*^_^*)

Img_324116_47510987_2
先付けは鮎の塩麹焼きと和久さん特製出汁巻き
鮎の骨せんべい付

Img_324116_47510987_3
お造りはビンチョウマグロ、アワビ、生麩です
キュウリの飾り切りがアクセント♪


Img_324116_47510987_5
冬瓜と牛肉、湯葉のくずあんかけ

Img_324116_47510987_6
茄子とニシンの炊いたん

Img_324116_47510987_7
鱧と夏野菜の梅肉あえ

Img_324116_47510987_8
鱧の骨きりをみせていただきました


Img_324116_47510987_9
もちろん次の天麩羅にも鱧あり!ヾ(^^;

Img_324116_47510987_10
本日の〆は定番ご飯ではなく
鱧、とうもろこし、万願唐辛子の天麩羅とつめたい冷麦でした。

天麩羅を冷麦の中に入れておいしくいただきました(*^_^*)
暑い日にはありがたいお料理でした

そしてデザートは


Img_324116_47510987_11
桃の入ったすだち氷

本日もどれもおいしゅうございました
ごちそうさま♪(*^_^*)

<2013.08.22撮影>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

炙り団子の十文堂で冷やし飴しゃりしゃり

Img_254009_47510502_0
歌舞練場から和久さんへ行く途中、時間がまだ少し合ったので
十文堂さんで休憩♪
本当は祇園NITIさんで天然氷のカキ氷を食べたかったのですが席はあってもオーダー通ってから小一時間かかるとのことA^^; これでは和久さんの予約時間に間に合いませんヾ(^^;)


Img_254009_47510502_1
急遽入った炙り団子のお店ですが和久さんにお昼ご飯の予約をいれているのでお団子は次回にして冷たいものを頂くことにしました

Img_254009_47510502_2
注文したのはこれ!冷やし飴しゃりしゃりです。
フローズンをしゃりしゃりと表現されてるのですが宇治やミルクではなく久しぶりに懐かしい冷やし飴をいただくことしました。生姜が利いていてさっぱりといただくことができました(*^_^*)


Img_254009_47510502_3
食べている間に持ち帰りの炙り団子のみたらし味をお願いしました

Img_254009_47510502_4
手作りお店のご主人のお人形、そっくりです(*^_^*)

<2013.08.22撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3013京の夏の旅~祇園甲部歌舞練場庭園

1
京の夏の旅の特別公開
祇園甲部歌舞練場庭園へ行ってきました

2
祇園の真っ只中、初めて足を踏み入れますヾ(^^;

3
祇園の八つの町内会をあらわす八つのつなぎだんご
八坂クラブの建物に入ると
まずはプロカメラマンの祇園に関連する写真展。
こちらの作品意外は写真OKとのことでした

4
次に都おどりの衣装を拝見しました

5
都おどりの期間中120回以上もの上演により、汗などで痛んでしまうので
毎年衣装は新調されるのだそうです!

6
素敵な衣装ですね

7
傷んだ着物のいいところを使って小物にリサイクルされ
都おどりの会場でグッズ販売があるそうです。

8


9


10


11


12
帯も素晴らしいです

13


14
次に祇園の歴史やお庭の説明を受けます
説明のあとはお庭へ
15
看板の写真のような構図に挑戦!

16
建物メイン

17
池がメイン
ん~~35mmのレンズでは無理です(*^^*)☆\^^;
おまけに池に鳥よけのネットが被ってるし。。。


<2013.08.22撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五山の送り火2013

Img_999559_47499518_0
大文字

Img_999559_47499518_1
左大文字と舟形

毎年、汗だくになりながら走り回ってる五山の送り火ですが
今年はブロ友いけこさんのご招待で
いけこさんのお宅ベランダから観覧。

残念ながら数年前からマンションが建って
妙法はみえなくなったそうです。

でも涼しいお部屋で女子会ワイワイしながら
五山の送り火が見れて最高でした(*^_^*)

<2013.08.16撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

行きはよいよい帰りはこわい千日詣りの帰り道ヾ(^^;

Img_936276_47498341_0
清水寺を出た頃はすでに9時も過ぎ
ほとんどお店は閉まってました

Img_936276_47498341_1
参寧坂のネコちゃんも淋しそう

Img_936276_47498341_2
閉まったお店の舞妓はん、怖いですヾ(^^;

Img_936276_47498341_3
二年坂にもどってきました

Img_936276_47498341_4
遅くなりついでに高台寺の提灯も撮っていきましょう

Img_936276_47498341_5_2
高台寺の万灯会

Img_936276_47498341_6
高台寺の夜間拝観もそろそろ終了
ただいま百鬼夜行展開催中

Img_936276_47498341_7
さて、帰り道を急ぎます

Img_936276_47498341_8
高台寺の階段
降りた先は異世界への入り口?ヾ(^^;

Img_936276_47498341_9
大谷さんの参道

Img_936276_47498341_10
八坂神社にもどってきました

Img_936276_47498341_11
さすがにお盆、祇園の町も静かです

Img_936276_47498341_12
鍵善さんのお店にも行灯

Img_936276_47498341_13
やっと京阪四条の駅までもどってきました。
この日はお盆まっただなか、この時間になると
さすがの祇園の町も静かでした^^;
歩いているのは観光客ばかりなりヾ(^^;

<2013.08.15撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千日詣り宵まいりの清水寺

Img_245499_47496974_0
最初の行列がなくなれば中には簡単に入れますヾ(^^;

Img_245499_47496974_1
千日詣りというのはこの期間にお参りすれば
一日で千日分お参りしたご利益を得ることが出来るというものです

Img_245499_47496974_2
昨年いただいたお札を納めて新しいものをいただきにやってきました

Img_245499_47496974_3
そして千日詣りのときだけ普段入れない内々陣に入って、より観音様の近くで拝むことが出来るのです

Img_245499_47496974_4
夜景を撮りながら進んでいきます

Img_245499_47496974_5
田村堂をすぎると

Img_245499_47496974_6
内々陣拝観の行列が伸びていました
千日参りが目的なのでもちろん並びました。
この後、献灯のろうそくを買って古いお札を納め新しいお札をいただいて観音様の近くで拝んできました。

Img_245499_47496974_7
献灯を終えて観音様に祈っていると、ちょうど法要が始まったので読経が終わるまで本堂でお参りしてました

Img_245499_47496974_8
そのあと絶景の夜の清水の舞台を

Img_245499_47496974_9
十分楽しんで帰路につきます

Img_245499_47496974_10
舞台を下から見上げて

Img_245499_47496974_11
大勢の観光客が乗っている清水の舞台の柱
補修工事の足場が見えます

Img_245499_47496974_12
さて帰りは怖い夜道を帰りましょうかヾ(^^;

<2013.08.15撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行きはよいよい千日詣り宵まいり~清水寺までの道

Img_936276_47494948_0
本日もとっても暑かったので17時を過ぎてから家を出発
昨年のお札を納めに清水さんの千日詣りの宵詣りにやってきました


Img_936276_47494948_1
この時期はお日様はこの角度の沈むのね^^;


Img_936276_47494948_2
円山公園の枝垂れ桜


Img_936276_47494948_3
池の百日紅が満開でした


Img_936276_47494948_4
祇園閣は現在特別公開中
ただし拝観時間はすぎてましたが^^;


Img_936276_47494948_5
月真院前のほていさま


Img_936276_47494948_6
ねねの道


Img_936276_47494948_7
高台寺駐車場から


Img_936276_47494948_8
霊山観音


Img_936276_47494948_9
八坂の塔


Img_936276_47494948_10
二年坂辺り


Img_936276_47494948_11
清水さんの昼夜入れ替え時間のためこの辺りは人で混雑


Img_936276_47494948_12
夜間拝観は19時からのためこの辺りから
お土産を物色しながら移動中


Img_936276_47494948_13


Img_936276_47494948_14
参寧坂


Img_936276_47494948_15
ご存知、瓢箪屋さんのねこちゃん♪


Img_936276_47494948_16
夜間拝観へ行く人が増えてきました


Img_936276_47494948_17
七味家さんをまがってすぐに
すでに拝観街の長い列が伸びてました!


Img_936276_47494948_18
これも経験済みのため、拝観が始まって行列がはけるまで一休みヾ(^^;


Img_936276_47494948_19
抹茶クリームあんみつです(*^_^*)

<2013.08.15撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12日はあべのハルカスで女子会

Dsc_9111
お盆休み前にあべのハルカスで
OL時代のお友達と恒例の帰省お食事会♪

Dsc_9112
今回は「京風スパゲッティー 先斗入ル」 でスパゲッティを食べました。なかなか味を決められないので気になったハーフ&ハーフをチョイス♪

Dsc_9114
蛤と九条ねぎのぺペロンチーノと

Dsc_9115
カマンベールと生湯葉のミートソースをいただきました。

Dsc_9117
デザートはきな粉アイスと葛餅風プリンをチョイス

食後も3~6ヶ月の積もる話に花が咲き
場所を英国屋にかえて最終近くまでおしゃべりを楽しみました

Dsc_9120
バナナとマロンのチョコワッフルとブレンドコーヒーのセット
おいしゅうございました(*^_^*)

<2013.08.12撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

京の七夕2013~鴨川会場

Img_245499_47492926_0
高島屋からでてきたらまだ雨は結構降っていましたが
鴨川沿いへ降りた頃から雨が上がりました


Img_245499_47492926_1
夕立の影響で点灯時間が30分近く遅れましたが


Img_245499_47492926_2
無事見ることができそうです^^;


Img_245499_47492926_3
やっと日が暮れてきました


Img_245499_47492926_4
7時30分過ぎにはプロジェクションマッピングが始まるというので場所を移動


Img_245499_47492926_5
今日はさすがに和装ではきてないので
この先着プレゼントはもらい損ねましたヾ(^^;


Img_245499_47492926_6
正面の場所は早々と人がいっぱいなので少し横からの観戦となりそうです^^;


Img_245499_47492926_7
やはり雨の影響で10分ほど遅れました


Img_245499_47492926_8
対岸の壁に映し出された映像
最初は七夕をモチーフとした映像


Img_245499_47492926_9
次に時代の流れによって変わっていく交通、京都の往来
対岸は通行止めにしていないので映像と一緒にランニングの人や自転車が通り抜けていくのはご愛嬌^^;


Img_245499_47492926_10
後半は京阪電車が走り回ってましたヾ(^^;


Img_245499_47492926_11
特急が方向を変えて飛び出してくる感覚(たぶん正面から見たら)


Img_245499_47492926_12
京阪電車がさっていったら


Img_245499_47492926_13
次から次へと子供たちの笑顔が映し出されます


Img_245499_47492926_14
最後はメッセージが出て終了。
知恩院などのプロジェクションマッピングとは違って少々CMぽかったかな^^;ヾ(^^;


Img_245499_47492926_15
プロジェクションマッピングを最後まで見て
三条大橋の袂まで帰ってきたころには20時前となってました


Img_245499_47492926_16
堀川会場へと向かおうとしましたが
人の多さと体力の限界を感じて帰ることにしました


Img_245499_47492926_17
堀川会場へは来年のお楽しみということにしましょう


Img_245499_47492926_18
それほど今年の夏は暑い!

<2013.08.08撮影>


| | コメント (4) | トラックバック (0)

水をさされた京の七夕^^;

Img_936276_47492841_0
四条大橋まできたところで雨がポツポツ降り出しました。


Img_936276_47492841_1
雷も近づいてきたし、開始時間までに40分ほどあるので
近くにある高島屋へ非難することにしました^^;


Img_936276_47492841_2
玄関ロビーでは八重さん縁の品が展示されてました。


Img_936276_47492841_3
かるた


Img_936276_47492841_4
籐の椅子や


Img_936276_47492841_5
ワッフルの型
当時はハイカラさんだったでしょうね


Img_936276_47492841_6
復元されたドレスも素敵です♪(*^_^*)


Img_936276_47492841_7
京都の歴史からすれば八重さんの時代はちょっと前の感覚でしょうね


Img_936276_47492841_8
この後、催事場での福島の物産展をのぞき
白桃のジェラートをいただきました(*^_^*)

<2013.08.08撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕暮れの祇園白川

Img_936276_47492822_0
ちょうどこのあたりで着信音オフの携帯がけたたましくなり緊急地震速報をうけたのでした。
身構えたけれど何事もおきなかったのでそのまま京の七夕へ...

誤報だと知ったのは家に帰ってから^^;


Img_936276_47492822_1
日暮れまでにはもう少し時間があるので時間をつぶしながらぶらぶらと


Img_936276_47492822_2
京の七夕鴨川会場へとすすみます


Img_936276_47492822_3
よろしいなぁ。。。ヾ(^^;


Img_936276_47492822_4
でも雲行きが悪くなってきました

Img_936276_47492822_5
なまあったかい風もときどき。。


Img_936276_47492822_6
そろそろ一雨きそうです^^;

<2013.08.08撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八坂神社の私的な見所4つ

Img_245499_47490410_0
石塀小路から八坂神社へやってきました


Img_245499_47490410_1
二年坂では遠くで衛聞こえてきた雷が近づいてきたようです
でもまだ空は明るいのでまだ大丈夫かな?


Img_245499_47490410_2
一つ目が祇園祭りの頃に咲き始めるという祇園守。
まだ咲いていましたよ

Img_245499_47490410_3
そして2つめが。。


Img_245499_47490410_4
祇園水というお水の自動販売機

Img_245499_47490410_5
お水にしては結構良いお値段ですね^^;
その分、ご利益があるか、ないかは買ってお確かめくださいヾ(^^;


Img_245499_47490410_6
そして3つ目が女性に人気の


Img_245499_47490410_7
縁結びの大黒社と

Img_245499_47490410_8
4つめが美人さんになれるという美御前社(^^ゞ

<2013.08.08撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

石塀小路を抜けたところに最近のマイブームあり!

Img_285839_47490367_1
ねねの道をぬけずに石塀小路を通り抜け


Img_285839_47490367_2
珍しく人と行きかうことが少なかった日


Img_285839_47490367_3
このまま違う世界へ抜け出しそうな雰囲気でしたが。。ヾ(^^;
でもこの先には。。。

Img_285839_47490367_4
最近の、マイブームの豆菓子屋さん豆吉本舗があります(*^_^*)


Img_285839_47490367_5
前回は甘いお菓子系のお豆さんを買って帰りましたが


Img_285839_47490367_6
今はまっているのはガーリック黒胡椒やカレー味などのおつまみ系(*^_^*)

<2013.08.08撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏限定のかさぎやさんのしるこセーキ

Img_254009_47488285_0
二年坂の途中にある


Img_254009_47488285_1
竹下夢路も通ったという甘味どころのかさぎやさん


Img_254009_47488285_2
おぜんさいとおはぎで有名なお店ですが
さすがに暑いので夏限定メニューをいただきにやってきました


Img_254009_47488285_3
ちょうどお客さんが切れて私一人だったので
少し写真を撮らせていただきました


Img_254009_47488285_4
年季の入った建物が良い雰囲気をかもしています


Img_254009_47488285_5
これがお待ちかねのしるこセーキ♪
おしるこがシャーベット状になってます
白玉は出来たてでふわふわ


Img_254009_47488285_6
暑い京都の夏限定メニューでした(*^_^*)
<2013.08.08撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の八坂の塔

Img_936276_47488277_0
大好きな八坂の塔三景
まずは坂ノ下から見上げて


Img_936276_47488277_1
カキ氷の旗があがる文の助茶屋と一緒に


Img_936276_47488277_2
主のなくなった百日紅、ここ数年元気がありませんでしたが
今年はたくさん花をつけていました(*^_^*)
私はこの風景をみると夏の京都!って気がします

<2013.08.08撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと本題、お精霊さんのお迎え、六道まいりは六道珍皇寺へ

Img_245499_47484305_0
結局、時間は4時ごろになってしまいました^^;

Img_245499_47484305_1
まず入り口で高野槙を買って

Img_245499_47484305_2
水塔婆を書いていただきます

Img_245499_47484305_3
そしてお精霊(おしょうらい)さんを迷わずお迎えするために迎え鐘をつきます。
この時期暑いので一度夜にきたらこの行列が大変なことになってまして、懲りたので明るいうちに来た次第です^^;ヾ(^^;

Img_245499_47484305_4
今回はいったん門を出た行列が短かったので10分ほどで鐘をつくことができました

Img_245499_47484305_5
鐘をつくといってもこの綱をひっぱるんですよ

お迎えの鐘はお堂の中にあって見ることはできませんが地の底から響く感じがします

Img_245499_47484305_6
そしてお線香を買ってお線香の煙で水塔婆を清めて

Img_245499_47484305_7
お地蔵様の前に水塔婆をおいて高野槙で水をかけ供養します
これにて終了

Img_245499_47484305_8
六道珍皇寺では数年前から熊野勧進十界曼荼羅と

Img_245499_47484305_9
閻魔様、小野 篁の像は撮影禁止になってしまいました。
京散歩を始めた頃はまだ写真撮らせてもらえたんですが残念なことです^^;


<2013,08.08撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さっさっと様子見、六波羅蜜寺ヾ(^^;

Img_245499_47484277_0
西福寺のお隣にある六波羅蜜寺
ここ数年、初詣や都七福神、三十三観音詣りなどでお世話になってるお寺です。

Img_245499_47484277_1
こちらの萬燈会では本堂に灯芯で大文字を型どってともされ七難即滅、七福即正の祈願が空也上人以来の伝統行事となっています。そして迎え鐘をついてお精霊さんをお迎えします。

Img_245499_47484277_2
教科書に載っていた空也上人の像はこちらに安置されています

Img_245499_47484277_3
しかし今回はお精霊さんのお迎えは六道珍皇寺に決めているので
中には入らず六道珍皇寺へと向かいます^^;

<2013.08.08撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六道の辻で不思議なご縁~西福寺

Img_245499_47482562_0
8日のお休みは六道詣りへ
でもその前にちょっと寄り道

Img_245499_47482562_1
死後お墓の中で出産した女性が幽霊になって子供を育てるために毎晩飴を買いに来たという飴屋さん
今も「幽霊子育飴」売ってますヾ(^^;)

Img_245499_47482562_2
その斜め向かいにある西福寺。西福寺の角には六道の辻の碑があります。つまりここはこの世とあの世の境目なんですよね。この辺りは昔、鳥辺野とよばれ葬送の地へ送る入口だったのだそうです。

西福寺ではこの六道参りの時期だけみられる壇林皇后九相図や絵解きの熊野勧進十界曼荼羅図をみることができます。壇林皇后九相図ではどんな高貴な人も美人さんも死ねばみな一緒最後は土に帰るという無常をといているのだそうです。

Img_245499_47482562_3
Img_245499_47482562_4
Img_245499_47482562_5
Img_245499_47482562_6
Img_245499_47482562_7
Img_245499_47482562_8
Img_245499_47482562_9
Img_245499_47482562_10
余談ではありますが壇林皇后は仏教に深く帰依され、風葬をのぞまれたそうで、葬送の地へ運ばれる途中、棺にかけられていた帷子が風に飛ばされそれが落ちたところが嵐山電鉄の駅名にもある「帷子の辻(かたびらのつじ)」と呼ばれる地名になったというのを聞いたことがあります

Img_245499_47482562_11
実は 昨年この熊野勧進十界曼荼羅の絵解きツアーがあったので申し込んだのですが当日急な仕事で参加できなくなったので今年どうしても見たかったんですよね

Img_245499_47482562_12
残念ながら今年もお休みとあわなかったのでツアーに参加できないので思い切って来て見ました。不安な気持ちとは裏腹に檀家でもないのに快く本堂へ上げていただいてフラッシュをたかなければ撮影もOKをくださいました。

一通り拝見した後にお寺のお手伝いにきていたおじさまが声をかけてくださいまして京都のいろんなお話を伺いました。その時、絵解きツアーに参加できなかったことを話すと絵解きについて書いてある本を貸していただき、真剣に本を読んでいたらすっかりお昼をすぎてしまいましてご一緒にお昼のカレーまで頂いてしまいました(^^ゞ
本当にありがとうございした。
Img_245499_47482562_13
その後も楽しいお話に聞き入っていたら気がついたらすっかり3時間以上というか4時間近くお邪魔してしまいましたA^^; 結局、36度以上の暑い時間帯は西福寺さんですごさせていただきました。

Img_245499_47482562_14
ということでちょっと寄り道ではなく、大変な寄り道になってしまいましたヾ(^^;)
来年もご縁がありましたら是非伺いたいと思います

<2013.08.08撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京さんぽのオアシス~ことばのはおと

Img_254009_47473425_0_2
京都御苑からはおとさん目指してやってきました


Img_254009_47473425_1
ぷはぁ~~!生き返ります~~ヾ(^^;

Img_254009_47473425_2
注文したものが来るまでちょっと散策ヾ(^^;
今日は何を読もうかな・・

Img_254009_47473425_3
ちょっと模様替えされましたね(*^_^*)

Img_254009_47473425_4
所々に遊び後ごろ満載♪

Img_254009_47473425_5
見てるだけで楽しいです(*^_^*)

Img_254009_47473425_6
日も少し傾いてきました

Img_254009_47473425_7
暑さに負けてついつい頼んでしまうカフェ氷


Img_254009_47473425_8
氷ミルクの上にコーヒーシロップをたっぷりかけていただきます♪

Img_254009_47473425_9
中にはバニラアイスクリーム♪

やっと汗が引いてきました(^^ゞ

<2013.08.01撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都御苑の百日紅

Img_411926_47471640_0
京都御苑の百日紅があちらこちらで咲いています

Img_411926_47471640_1
京都御苑は蝉にとっても天国ですね、
もう、無数のぬけがらがあちらこちらに!

Img_411926_47471640_2
九条家跡の池の百日紅は咲き始めでこれからですね。

Img_411926_47471640_3


Img_411926_47471640_4


Img_411926_47471640_5
他にもポイントあるけれど今日は先を急ぐので
通り抜けたポイントだけ^^;

Img_411926_47471640_6
このあと、あまりの暑さにはおとさんへまっしぐら!

<2013,08.01撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶらぶら寺町通り

幻想的な石清水八幡宮へ行った日は実は午前中わが町は結構な雷雨がありまして出かけるタイミングを外してしまったので京都へお出かけしたのは3時前だったのですA^^;

まずは京都大丸でお中元を送りに行き、錦市場でお買い物
その後、寺町通り商店街をぶらぶらしながら北上
Img_936276_47469448_0
商店街の中にある矢田寺ではすでにお盆の準備が始まっていました。

Img_936276_47469448_1
そしてこのかわいいウィンドウがあるのは

Img_936276_47469448_2
鳩居堂さん

Img_936276_47469448_3
そして商店街の一番端にあるのは本能寺

Img_936276_47469448_4
ちょっとのぞいてみると本堂まえには蓮と

Img_936276_47469448_5
百日紅が暑い日ざしに耐えておりましたA^^; ヾ(^^;)

Img_936276_47469448_6
本能寺をでてさらに寺町通りを北上

Img_936276_47469448_7
一保堂さんのお茶は有名ですね

Img_936276_47469448_8
本因坊跡

Img_936276_47469448_9
そして革堂と呼ばれる行願寺
こちらは洛陽三十三観音参りでもお世話になりました

Img_936276_47469448_10
本堂の前にある蓮

Img_936276_47469448_11
そしてもう少し北にあがると下御霊神社があります

Img_936276_47469448_12
夏らしいものはないかと探したら。。

Img_936276_47469448_13
ありました!大きな百日紅!

この後、京都御苑を通り抜けてことばのはおとさんへ

<2013.08.01撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そうだ京都。行こう!2013夏~石清水八幡宮

Img_1051038_47467272_0
京阪電車のポスターで今年石清水八幡宮の初のライトアップがあるというので行ってきました

Img_1051038_47467272_1
午前中、雷雨だったのが嘘みたいにお昼からはお天気回復。
3時ごろから京都へお中元を贈りに行ってからことばのはおとさんで休憩してから帰りに八幡市で途中下車し男山ケーブルにのりかえ。

ケーブルが出発するまでドアが開いてるので蚊が入り放題!
ということで虫除けスプレー大活躍ヾ(^^;)

Img_1051038_47467272_2
上に到着したら往復ケーブルを使う人に提灯を貸してくれます。
でも提灯がなくても実際には外灯もついているので大丈夫。
写真ほど暗くありません

Img_1051038_47467272_3
八幡宮の八の字が神使の鳩

Img_1051038_47467272_4
提灯をみるとどうやらこのライトアップは京阪電車のイベントかと思っていたのですがJR東海のそうだ京都、行こうのキャンペーンだったのですね^^;
(帰ってからHP確認しましたヾ(^^;)

Img_1051038_47467272_5
この日は午前中雷雨もあってか人が少なかったです。

Img_1051038_47467272_6
「そうだ。京都行こう」のキャンペーンにしては人が少なかったのは意外でしたが内心ラッキー♪(*^_^*)

Img_1051038_47467272_7
参道が灯籠とブルーライトでライトアップ!

Img_1051038_47467272_8
幻想的な参道を進んでいきます

Img_1051038_47467272_9
本殿に近づいていきます

Img_1051038_47467272_10
手水舎で清めて

Img_1051038_47467272_11
門をくぐると。。。

Img_1051038_47467272_12
ポスターの景色そのままに
明るいときとは違った神秘的な神殿をみることができました

この後、普段入れない本殿の特別拝観で神職さんから本殿の説明をいろいろと聞くことが出来ました。

<2013.08.01撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プチ同窓会

プチ同窓会
美々卯のゆば丼膳
プチ同窓会
場所を変えて季節のフルーツタルトとベリーのシャーベットとクリームブリュレ

7月25日11時から16時すぎまで4人でおしゃべりノンストップ !

次回は京都へプチ遠足しようね♪(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間ぎりぎりまで楽しんだ大覚寺ヾ(^^;

Img_245491_47456592_0
西日をまともにうけながら大覚寺へと急ぎます
最後にこれがきつかった^^;


Img_245491_47456592_1
どうにか4時すぎに到着
ここからが時間と勝負!ヾ(^^;


Img_245491_47456592_2
というのはこちらでは今、通常拝観の他に夏の特別拝観があるのですよ


Img_245491_47456592_3
まずはさっさっとまわっちゃいましょう
前回はお正月の寒い時にまわりましたが


Img_245491_47456592_4
今日は暑い中を必死で歩いてきたこともあって
汗だくだくですヾ(^^;


Img_245491_47456592_5
それでも、頑張って時間内にまわりたい


Img_245491_47456592_6
とりあえず写真を撮りながら進み特別拝観の受付で時間が間に合うか聞いたら、
大丈夫です(ホンマかいな)とのことなので特別拝観も大急ぎでまいりましょう!


Img_245491_47456592_7
備え付けのスリッパに履き替えて、大沢の池のほとりに下りて目的地をめざします


Img_245491_47456592_8
見えてきました赤い塔


Img_245491_47456592_9
ただいまこの中で四国八十八箇所のお砂踏みができるのです。

時間がかかるので飛び飛びで拝んでくださいといわれましたが
いつかは同行二人で行きたい四国八十八箇所

大急ぎで掛け軸の御真言をとなえながら八十八箇所全部のお砂をふみました

気がついたら私が最後の入館者だったようです^^;
でも、最初に閉門される時間までにはまだもう少しあったので
帰り道で大沢の池の蓮の写真を撮りました


Img_245491_47456592_10


Img_245491_47456592_11
そして大覚寺の中へと戻り、根性で最後までまわりました(*^^*)☆\^^;


Img_245491_47456592_12
そして帰りは裏門から^^;


Img_245491_47456592_13
今日はゆっくりとまわるつもりが
やはり最後は欲をだして必要以上に体力を使った一日でした
<2013.07.18撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二尊院から祇王寺へ

Img_245491_47454548_0
二尊院をでて祇王寺へとやってきました
時計を見ると3時半、大覚寺との共通券でも間に合うと窓口で言われたので共通券買っちゃいました^^;


Img_245491_47454548_1
こちらの苔は暑い夏でも青々としてますね~


Img_245491_47454548_2
さすがにこの時間から入る人はほとんどいませんね^^;


Img_245491_47454548_3
二葉葵


Img_245491_47454548_4


Img_245491_47454548_5


Img_245491_47454548_6


Img_245491_47454548_7


Img_245491_47454548_8


Img_245491_47454548_9
残念ながらこちらの白いネコまろみちゃんにはあえませんでしたが
かわりにこちらにネコちゃんが


Img_245491_47454548_19
そしてこちらにも(*^_^*)


Img_245491_47454548_11
Img_245491_47454548_12


Img_245491_47454548_13


Img_245491_47454548_14
ささっと境内を巡ったら急いで大覚寺へと向かいます


Img_245491_47454548_15
<2013.07.18撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに二尊院の仏様に会いたくて

Img_245491_47452905_0
二尊院の中へ入ってみましょう

紅葉の馬場もいまは深い緑一色


Img_245491_47452905_1
蝉の声を聞きながら進んでいきます。


Img_245491_47452905_2
紅葉の木陰が気持ちいい♪(*^_^*)


Img_245491_47452905_3
まずは二尊院の名前の由来である
釈迦と阿弥陀の二つの如来を拝んでからしばしお庭を眺めながら休ませていただきました


Img_245491_47452905_4
手水鉢の回りにはまだ半夏生が咲いてました


Img_245491_47452905_5
九頭竜弁天様を拝んでから


Img_245491_47452905_6
今日はさらに奥の階段を上って行きます


Img_245491_47452905_7
上った先には法然様の廟がありました
そしてその奥をさらに進むと


Img_245491_47452905_8
藤原定家が小倉百人一首を編纂したという時雨邸あと
その後の正面には・・・


Img_245491_47452905_9
正面に比叡山がありました


Img_245491_47452905_10
階段を下ると


Img_245491_47452905_11
水運の父として有名な角倉了以の像と


Img_245491_47452905_12
小倉餡発祥の地のモニュメント

その前にはまだ名残の紫陽花がたくさん咲いていました(*^_^*)


Img_245491_47452905_13
次は祇王寺へ
<2013.07.18撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »