« 京さんぽのオアシス~ことばのはおと | トップページ | さっさっと様子見、六波羅蜜寺ヾ(^^; »

六道の辻で不思議なご縁~西福寺

Img_245499_47482562_0
8日のお休みは六道詣りへ
でもその前にちょっと寄り道

Img_245499_47482562_1
死後お墓の中で出産した女性が幽霊になって子供を育てるために毎晩飴を買いに来たという飴屋さん
今も「幽霊子育飴」売ってますヾ(^^;)

Img_245499_47482562_2
その斜め向かいにある西福寺。西福寺の角には六道の辻の碑があります。つまりここはこの世とあの世の境目なんですよね。この辺りは昔、鳥辺野とよばれ葬送の地へ送る入口だったのだそうです。

西福寺ではこの六道参りの時期だけみられる壇林皇后九相図や絵解きの熊野勧進十界曼荼羅図をみることができます。壇林皇后九相図ではどんな高貴な人も美人さんも死ねばみな一緒最後は土に帰るという無常をといているのだそうです。

Img_245499_47482562_3
Img_245499_47482562_4
Img_245499_47482562_5
Img_245499_47482562_6
Img_245499_47482562_7
Img_245499_47482562_8
Img_245499_47482562_9
Img_245499_47482562_10
余談ではありますが壇林皇后は仏教に深く帰依され、風葬をのぞまれたそうで、葬送の地へ運ばれる途中、棺にかけられていた帷子が風に飛ばされそれが落ちたところが嵐山電鉄の駅名にもある「帷子の辻(かたびらのつじ)」と呼ばれる地名になったというのを聞いたことがあります

Img_245499_47482562_11
実は 昨年この熊野勧進十界曼荼羅の絵解きツアーがあったので申し込んだのですが当日急な仕事で参加できなくなったので今年どうしても見たかったんですよね

Img_245499_47482562_12
残念ながら今年もお休みとあわなかったのでツアーに参加できないので思い切って来て見ました。不安な気持ちとは裏腹に檀家でもないのに快く本堂へ上げていただいてフラッシュをたかなければ撮影もOKをくださいました。

一通り拝見した後にお寺のお手伝いにきていたおじさまが声をかけてくださいまして京都のいろんなお話を伺いました。その時、絵解きツアーに参加できなかったことを話すと絵解きについて書いてある本を貸していただき、真剣に本を読んでいたらすっかりお昼をすぎてしまいましてご一緒にお昼のカレーまで頂いてしまいました(^^ゞ
本当にありがとうございした。
Img_245499_47482562_13
その後も楽しいお話に聞き入っていたら気がついたらすっかり3時間以上というか4時間近くお邪魔してしまいましたA^^; 結局、36度以上の暑い時間帯は西福寺さんですごさせていただきました。

Img_245499_47482562_14
ということでちょっと寄り道ではなく、大変な寄り道になってしまいましたヾ(^^;)
来年もご縁がありましたら是非伺いたいと思います

<2013.08.08撮影>

|

« 京さんぽのオアシス~ことばのはおと | トップページ | さっさっと様子見、六波羅蜜寺ヾ(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/57964506

この記事へのトラックバック一覧です: 六道の辻で不思議なご縁~西福寺 :

« 京さんぽのオアシス~ことばのはおと | トップページ | さっさっと様子見、六波羅蜜寺ヾ(^^; »