« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

相国寺からバスで岡崎神社へ

今週は午前中仕事のお手伝いででかけていたので京都行きはなし
暖かい雨に一気に梅が咲いた模様。。
来週の木曜は寒の戻りらしいですがどうなりますやら。。

ブログは先週の続きをアップします。

Dsc_5147
京菓子資料館でお茶をいただいたあと相国寺を通り抜けて

Dsc_5149
バスで東山方面へ

Dsc_5150
先週は哲学の道を歩いたので今回は岡崎神社へやってきました

Dsc_5151
卯年から数年観光バスで賑わった神社も
やっと静かになりつつあります

Dsc_5152
私にとってはありがたいことですが(^^ゞ

Dsc_5154
うさぎみくじも綺麗に並べられています

Dsc_5157
本殿にお参りさせていただいて

Dsc_5160
狛うさぎさんを撮って

Dsc_5162
そろそろ黒谷さんへ移動しましょう。

<2014.02.20撮影>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京の冬の旅スタンプラリーでお茶をいただく~京菓子資料館

Dsc_5129
京の冬の旅スタンプラリーでスタンプ3つたまったので

俵屋吉富さん併設の京菓子資料館でお茶をいただくことにしました

Dsc_5130
なぜなら、こちらは老舗のお菓子屋さんだから♪

団体さんもなく一人だったので
お茶が運ばれてくる間写真を撮らせていただきました

Dsc_5131
お茶菓子は看板お菓子の雲龍

お抹茶もとってもおいしかったです(*^_^*)

Dsc_5134
ただ一つ難点は

Dsc_5140
帰り道は併設の俵屋吉富さんの中を通ること^^;

Dsc_5142
見てしまうとやっぱりお菓子を買って帰りますよね(^^ゞ

Dsc_5143
上手いことしてはります

Dsc_5144

あと1枚スタンプたまっているのは観光案内所で
記念品(今年は冬の旅ファイル)に交換してもらいました。
<2014.02.20撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千本釈迦堂のおかめさん

Dsc_5116
節分行事も終わって今は少し静かな千本釈迦堂

Dsc_5119
次に賑やかになるのは阿亀桜の頃でしょうか?


Dsc_5117
今日は椿を目当てに来たのだけれども
ほとんどがやっと蕾ふくらんだばかり

Dsc_5118
シキミの花もまだ蕾


Dsc_5121
もうちょっと待っててね♪


Dsc_5123
葉にかくれるように木の下のほうでひっそりと咲いている花を発見!


Dsc_5122
わっはっは!
<2014.02.20撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅花祭前の北野天満宮~梅の様子は?

Dsc_5063
2週間前はほとんど蕾の北野天満宮

25日は梅花祭、梅苑も公開中ですが梅はどうでしょう?

Dsc_5065
残念ながら梅苑の見える範囲ではほとんど咲いておらず残念。

結局、梅苑には入りませんでした(^^ゞ

Dsc_5067
境内の梅も先週の雪のせいか、
ほとんど開花は進んでいませんでした。

Dsc_5071
早咲きの梅がちらほら咲き

今週末から暖かくなるらしいので梅花祭までに早咲きの梅が一気に花開くといいですね

Dsc_5072
でも咲き始めの梅はとっても綺麗です♪(*^_^*)

Dsc_5078
いい香りも漂っていましたよ

Dsc_5090_2
北野天満宮では早咲きから遅咲きまでたくさんの梅があるので楽しめます

Dsc_5094_2


Dsc_5098
やはり2週間前から一番咲き進んでいた老松社の前の白梅がほぼ満開

この日一番の梅でした

Dsc_5106
定番の牛さんの梅はこれから

Dsc_5107
冷たい風は吹くけれど

Dsc_5111
日差しはかなり強くなってます


Dsc_5113
参道をさえぎるように梅の木が枝をのばしてます

Dsc_5109
こんなところにも白梅が!(*^_^*)

<2014.02.20撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

南禅寺塔頭 聴松院の白梅

Dsc_4938
境内から聴松院へ

Dsc_4939
こちらには素敵な白梅の老木があります

Dsc_4942
本尊は摩利支天ということでお使いはイノシシ

なにか花札の絵柄のような写真になってしまいましたね(^^ゞ

Dsc_4943
まだ咲き始めでしたが咲きそろうと見事です(*^_^*)

<2014.02.13撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蹴上から南禅寺境内

Dsc_4908
今週は午前中相方が仕事というのでお昼からのお出かけ
時間がないので哲学の道を散歩することにしました。

まずは地下鉄蹴上駅から南禅寺へと向かいます

Dsc_4910
ねじりまんぼから金地院の東照宮の門の横を通り

Dsc_4912
さらに金地院入口を横目に先を急ぎます

Dsc_4915
この日は寒さが厳しかったですがさざんかが
綺麗に咲いているのを見るとほっとします。

Dsc_4917
急いているのに南禅寺の山門まで来ると足止めされてしまいました

Dsc_4922
なにやらロケがあったようです。

Dsc_4923
ロケでみんなが気をとられているうちに
人のいない法堂の参道を撮ることができました(*^_^*)

Dsc_4926
水路閣も人が少なく待たずに写真が撮れました

Dsc_4930
南禅寺境内にモダンな水路閣
今は見慣れてしまってますができた頃は違和感あったでしょうね

Dsc_4931
紅葉の葉が落ちているので法堂の全体が見ることができます

Dsc_4934
時間がないので今回も方丈の拝観はパスです(^^ゞ

Dsc_4937
昨年台風の被害があってから南禅寺境内ではあちこちで整備工事がされています。

一見立派な赤松も中は虫の被害をうけているのも多いみたいですね

<2014.02.13撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪でも真っ白なバレンタイン♪

Dsc_4904
娘から母にもバレンタインチョコ

後ろの惑星のチョコは父に

Dsc_5055
本日は朝から大阪も真っ白です。

Dsc_5057
本日仕事は開店休業中^^;

<2014.02.14撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

滑り込みセーフも通り抜けただけの北野天満宮^^;

Img_245491_47855080_0
裏門から入った頃時計は5時となりました

Img_245491_47855080_1
うす暗くなってきた境内にはあわただしく
片付けられている神職さんとまばらな観光客

Img_245491_47855080_2
老松社前の梅の木は白梅が咲き始めていましたが
まだまだ固い蕾が多かったです

Img_245491_47855080_3
急いで社殿をめざしますが

Img_245491_47855080_4
社殿を覗くとすでに中門は閉じられて
今参拝されてる方が終われば閉じられる直前^^;

Img_245491_47855080_6
参拝はせず中門の前へ移動

Img_245491_47855080_5
先日TVで知ったのですが地元のおばさまが
こちらの大黒様の頭と両肩とお口の穴2つに
合計5か所に小さな小石をのせて上手く乗ったら
その小石を全部お財布に入れておくといい
とおっしゃってました

(事実のほどは未確認ですが。。。^^;)

Img_245491_47855080_7
梅園も公開されていますが
最近の寒さで梅は遅れているようです

Img_245491_47855080_8
大急ぎで境内を通り抜けたので
じっくりと見ることはできませんでしたが

Img_245491_47855080_9
梅はこれからが本番です(*^_^*)

<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間がないので予定変更~平野神社通り抜け

Img_245491_47855037_0
思っていたよりバスの待ち時間があり
時間がずれたので日没エンドになりそうです^^;

わら天神前で降りて平野神社を通り抜け
裏から北野天満宮へと予定変更

まずは平野神社の寒桜


Img_245491_47855037_1
桜の季節にはお店がたくさんならぶ桜園も今は静か

Img_245491_47855037_2
提灯に明かりがともりました。

Img_245491_47855037_3
こちらも少しだけ覗いて

Img_245491_47855037_4
参拝も早々に引き揚げます^^;

Img_245491_47855037_5
社務所の前にも寒桜

Img_245491_47855037_6
北野天満宮をめざします

<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉の輿お守りもあるよ!今宮神社

Img_245491_47855020_0
この日は今宮神社を参拝する前に
あぶり餅をいただいたので
横から入って正面から出る形になってます^^;

Img_245491_47855020_1
玉の輿お守りをご紹介しようと思いましたが
この日は寒くすでに4時をすぎて
参拝者も少ないこともあり
神主さんも終わりの準備^^;

こちらは八百屋のお玉さんが
徳川五代将軍綱吉の生母となり
出世されたことから
桂昌院の氏神社として良縁開運、
玉の輿の御利益を願われます。

(玉の輿の語源といわれてます)

Img_245491_47855020_2
御挨拶だけして帰りを急ぎましょう!

Img_245491_47855020_3
こんな参拝の仕方じゃ御利益は
ありそうもありませんね(^^ゞ

Img_245491_47855020_4
北野天満宮の梅の様子が見たいので
このあと北大路通へ出てバスで移動。

時間、間に合うかな?^^;

<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私はやっぱり一和(一文字屋和助)さん~あぶり餅

Img_254009_47854595_0
今宮神社門前のあぶり餅

向かって右が一和さん左がかざりやさん

実は私がまだ高校生の頃、
先代のおばあちゃんの頃から私は右の一和さん。

Img_254009_47854595_1
一度だけ一和さんが耐震工事のためお休みだったときに
かざりやさんに入りましたがお味は甲乙つけがたいですが
お店の対応でやはり私は一和さんかな(^^ゞ

Img_254009_47854595_2
あぶり餅は手早く竹串に小餅をつけて
きな粉をまぶし両面を炭火で香ばしく焼き上げ
甘い白みそのタレがかかっています。

Img_254009_47854595_3
この日は寒かったので店頭ではなく
お座敷に上がってゆっくりといただきました(*^_^*)


一人前500円也

<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大徳寺境内を抜けてめざすは。。。!

Img_245491_47851130_0
秀吉の怒りをかい利休居士自決の原因となった金毛閣


Img_245491_47851130_1


Img_245491_47851130_2
千躰地蔵

Img_245491_47851130_3
大徳寺仏殿(本堂)の前にそびえるイブキの巨樹。

仏殿再建時(1665年)に植えられたものと思われます。

Img_245491_47851130_4
法堂の前まで来ると雪がちらちら降ってきました

めざすは境内抜けて今宮神社門前のあぶり餅!(^^ゞ

<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京の冬の旅8か所目~大徳寺塔頭 興臨院

Img_245491_47851083_0
植物園からバスで大徳寺まで移動

すでに3時半をすぎてます。

Img_245491_47851083_1
こちらのお寺は能登の畠山氏が創建し、後に前田利家公が修復

されたことから両家の菩提寺となっています。

Img_245491_47851083_2
本堂・表門・唐門(いずれも重文)は室町期創建の禅宗建築の代表作

Img_245491_47851083_3
方丈の襖絵は最近奉納されたもの

それまでの貴重な襖絵は廃仏毀釈のときに海外に流出してしまったそうです。

Img_245491_47851083_4
方丈庭園は桃山風の豪放な石組みで、理想の蓬莱世界を表現されています。

Img_245491_47851083_5


Img_245491_47851083_6
本堂内書院の床の間は(床の間原型)日本最初のものといわれ

「畠山義総画像」「前田利家画像」などをみることができます

Img_245491_47851083_8

「涵虚亭(かんきょてい)」は、茶人・古田織部好みの四畳台目に
隅板を加えた造りで、「洞床」をもつ茶室

Img_245491_47851083_7


Img_245491_47851083_9


<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう少しだけ植物園(^^ゞ

Img_1048472_47847855_0
先日の春の陽気から一気に真冬に逆戻り
震え上がる梅の蕾

Img_1048472_47847855_1
気の早い梅が咲いてましたが
寒さに花弁が凍えてる

Img_1048472_47847855_2
盛りを過ぎたウンナンロウバイ

Img_1048472_47847855_3
葉書の語源となったタラヨウの葉

裏を見てみるとやはりあった落書き^^;
植物園の木を傷つけるのはやめましょうね

Img_1048472_47847855_4
そしてバルタン星人のようなオオカメノキの冬芽

Img_1048472_47847855_5
ミツマタの蕾

Img_1048472_47847855_6
かわいいスノードロップ

Img_1048472_47847855_7


<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椿いろいろ~京都府立植物園

Img_1048472_47847747_0
立春がすんだとはいえ、まだ寒いこの時期の
彩りといえば椿やサザンカ

今、見ごろの椿を撮ってきました。
まだまだ蕾の他の銘柄の椿もたくさんあります。

Img_1048472_47847747_1
数寄屋

Img_1048472_47847747_2
白唐子

Img_1048472_47847747_3
片山宗旦

Img_1048472_47847747_4
桃色雪中花

Img_1048472_47847747_5
菊冬至

Img_1048472_47847747_6
淡妙蓮寺

Img_1048472_47847747_7
菊月

Img_1048472_47847747_8
雪中花

<2014.02.06撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の植物園は宝探しのようなもの♪

Img_1048472_47847723_0
初春の植物園は宝探しです
花が少ない寒い時期、枯れ葉の間から小さな花を見つけます。

まずはフクジュソウの蕾

Img_1048472_47847723_1
ミスミソウ

Img_1048472_47847723_2
フキノトウ

Img_1048472_47847723_3
バイカオウレン

Img_1048472_47847723_4
セリバオウレン

Img_1048472_47847723_5
そしてこの日これを見たくて植物園にやってきたのでした
必ずこの時期に咲くセツブンソウ(*^_^*)

本当はもうひとつねこづらどきのなおくんのところで
ザゼンソウが咲いていたのを知って見たかったのですが
残念ながらこの日はみつけることができませんでした^^;

一緒に探してくださった植物園の職員さんありがとうございました

<2014.02.06撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰りはさらに出町柳までぶらぶら

Img_936276_47846871_0
丸太町まで歩いたけれどもう少し歩きたくなって
さらに出町柳までぶらぶら


Img_936276_47846871_1
御存じ出町のふたばさん

列がなかったので久しぶりにお買い上げ(^^ゞ

Img_936276_47846871_2
どれにしようかな。。。?


Img_936276_47846871_3
買ったのはこの三種(*^_^*)

Img_936276_47846871_4
今日は大文字の大もみえませんね~^^;

Img_936276_47846871_5_2
最近TVでヌートリアの異常繁殖が報告された賀茂川
人が近づいても逃げないそうですよ
<2014.01.30撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラヴァチュールのタルトタタン

Img_254009_47841507_0
平安神宮に来ると必ずと言っていいほどこちらで休憩(^^ゞ

この近くに六盛の茶庭でスフレにしようか迷ったのですが
やはりこっちへ

Img_254009_47841507_1
もちろん注文はタルトタタンとホットコーヒー♪
このあとすぐ窓際の席が埋まったのですが
聞こえてきたのは韓国語^^;

Img_254009_47841507_2
砂糖とバターで4時間以上かけてじっくり煮詰めたりんごは
飴色でつやつやです♪(*^_^*)

少し温められてヨーグルトがかかって出てきます。

ヨーグルトがかかっているのは昔の味を再現するには
今のリンゴは甘くて酸味が足りないからだそうですよ。

Img_254009_47841507_4
昔フランスで食べたタルトタタンの味を
独自のレシピで再現された先代のおばあちゃんは
本場フランスでなんども表彰されてるそうです。

Img_254009_47841507_3
最近お孫さんがその味を引き継がれて
お店をやっておられますが
100歳近いおばあちゃんは御健在で
今でもお店の様子を見に来られるそうです。

<2014.01.30撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩け歩け、神宮道をまっすぐ

Img_245499_47839574_0
黒門を出て青蓮院の大楠を見ながら

Img_245499_47839574_1
このまま歩き続けます

Img_245499_47839574_2
神宮道を通って平安神宮を目指します

Img_245499_47839574_3
ちょっと来ない間にお店があちこち入れ替わってました

Img_245499_47839574_4


Img_245499_47839574_5
岡崎疎水は改修中

Img_245499_47839574_6
今日は本当に空が真っ白です^^;

Img_245499_47839574_7
京都市美術館

Img_245499_47839574_8
雲が低い^^;

またひと雨きそう

Img_245499_47839574_9
平安神宮に到着!

中では節分の準備中だったのでこのまま迂回。

そろそろ休憩ラバチュールへ(*^_^*)

<2014.01.30撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに知恩院境内をぶらぶら

Img_245499_47839512_0
この日は久しぶりにゆっくり歩きたくて円山公園から知恩院へやってきました。

冬の旅ではこの三門の公開をしてますが、以前拝見しているので今日はパス!

でも、久しぶりに中へ入ってみたくなりました

Img_245499_47839512_1
ラストサムライの撮影で有名になった男坂~急な階段です

Img_245499_47839512_3
最上段からのぞくとこんな感じ

Img_245499_47839512_2
私は膝のことを考えてだらだらと女坂を登って行きました。

Img_245499_47839512_4
現在御影堂は大修理中

Img_245499_47839512_5
多宝塔

Img_245499_47839512_6
阿弥陀堂

Img_245499_47839512_7
宝佛殿

Img_245499_47839512_8
経蔵

Img_245499_47839512_9
ゆく年くる年でご存じの大鐘楼

Img_245499_47839512_10
納骨堂

Img_245499_47839512_11
法然上人

Img_245499_47839512_12
さらに登って。。。

Img_245499_47839512_13_3
勢至堂(本地堂)まで

Img_245499_47839512_14
御廟

Img_245499_47839512_15
この中には千姫様の位牌と大きな仏さまの首が!

Img_245499_47839512_16
寒桜

Img_245499_47839512_17
武家門

Img_245499_47839512_18
新玄関口

Img_245499_47839512_19
今日はこのまま黒門から帰りましょう

Img_245499_47839512_21
こうやってあらためてみると

Img_245499_47839512_22
まるでお城のようですね

Img_245499_47839512_20
<2014.01.30撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円山公園通り抜け

Img_245499_47835940_0
寒ければ雪なのだろうけれど

また、ひと雨きそうですね^^;

Img_245499_47835940_1
今は寂しいシンボルのしだれ桜

でも、少し元気になってきたような気がします

Img_245499_47835940_2
今日は池のアヒルがいませんでした

Img_245499_47835940_3
かわりにタヌキヾ(^^;)

Img_245499_47835940_4

こちらのタヌキは剥製になった本物です

<2014.01.30撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

八坂神社通り抜け

Img_245499_47835921_0
この日は雨ということもありご覧の通り

お正月三が日の混雑はどこへやら

Img_245499_47835921_1
赤い種はトベラ?

Img_245499_47835921_3
雨の日八坂さんですれ違う人はほとんど外国人でした

Img_245499_47835921_2
美御前社の前から聞こえてくるのは中国語^^;

<2014・01.30撮影>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小雨の祇園界隈

Dsc_4549
京都の路地(ろーじ)

Dsc_4566


Dsc_4568


Dsc_4571
<2014.01.30撮影>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京の冬の旅7か所目~建仁寺開山堂

Img_245499_47834003_5
京の冬の旅7か所目にやってきたのは建仁寺の開山堂

早い話が建仁寺開祖栄西禅師のお墓です

Img_245499_47834003_4
本当は予定ではパスするはずだったのですが妙心寺の龍泉菴の襖絵にあった菩提樹のモデルがこちらにあるということだったので見に来たのでした。

Img_245499_47834003_7
こちらの楼門、宝陀閣は三間一戸二重門となっています。
今年栄西禅師800年遠諱にあわせて23年から修復工事が行われ綺麗になったばかり

肝心な見たかった菩提樹はこの門をくぐってすぐに植えられてありますが栄西禅師お手上の霊木ということでこちらはお庭も写真撮影禁止でした。残念!

写真を撮るのを目的に出かけられている人には残念な場所ですが栄西禅師の普段は入れない場所だけあって貴重な体験をしたい方にはいいかも?!

開山塔は礼堂、相の間、祠堂の三室からなっており、向かって右脇壇には源頼家公の束帯座像、左脇壇には500年遠諱の際に作られた木碑祖師塔銘(龍の子供贔屓の上に開山の略歴文の書かれた木碑をのせているもの)
そして中央には栄西禅師の座像と乙護法天童像が安置、その前の空間に栄西禅師の座棺が埋められているそうです。

方丈は妙心寺塔頭寺院玉龍院の方丈を移築したもので襖絵は加藤文麗の龍虎図をはじめ原在中の「松鶴波図」「水墨山水図」「白梅群禽図」の襖絵、杉戸の「孔雀図」「滝図」があります

Img_245499_47834003_0
宝陀閣の二階部分に安置してある陶製の十六羅漢像は今方丈で拝見できるそうですがこの日は入りませんでした。

Img_245499_47834003_1
お茶の花

お茶も栄西禅師が伝えたといわれています。

Img_245499_47834003_2
なので境内にはお茶の木がたくさん植えられていますよ


Img_245499_47834003_3


Img_245499_47834003_6

<2014.01.30撮影>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »