« 京の冬の旅6か所目~建仁寺塔頭 正伝永源院 | トップページ | 小雨の祇園界隈 »

京の冬の旅7か所目~建仁寺開山堂

Img_245499_47834003_5
京の冬の旅7か所目にやってきたのは建仁寺の開山堂

早い話が建仁寺開祖栄西禅師のお墓です

Img_245499_47834003_4
本当は予定ではパスするはずだったのですが妙心寺の龍泉菴の襖絵にあった菩提樹のモデルがこちらにあるということだったので見に来たのでした。

Img_245499_47834003_7
こちらの楼門、宝陀閣は三間一戸二重門となっています。
今年栄西禅師800年遠諱にあわせて23年から修復工事が行われ綺麗になったばかり

肝心な見たかった菩提樹はこの門をくぐってすぐに植えられてありますが栄西禅師お手上の霊木ということでこちらはお庭も写真撮影禁止でした。残念!

写真を撮るのを目的に出かけられている人には残念な場所ですが栄西禅師の普段は入れない場所だけあって貴重な体験をしたい方にはいいかも?!

開山塔は礼堂、相の間、祠堂の三室からなっており、向かって右脇壇には源頼家公の束帯座像、左脇壇には500年遠諱の際に作られた木碑祖師塔銘(龍の子供贔屓の上に開山の略歴文の書かれた木碑をのせているもの)
そして中央には栄西禅師の座像と乙護法天童像が安置、その前の空間に栄西禅師の座棺が埋められているそうです。

方丈は妙心寺塔頭寺院玉龍院の方丈を移築したもので襖絵は加藤文麗の龍虎図をはじめ原在中の「松鶴波図」「水墨山水図」「白梅群禽図」の襖絵、杉戸の「孔雀図」「滝図」があります

Img_245499_47834003_0
宝陀閣の二階部分に安置してある陶製の十六羅漢像は今方丈で拝見できるそうですがこの日は入りませんでした。

Img_245499_47834003_1
お茶の花

お茶も栄西禅師が伝えたといわれています。

Img_245499_47834003_2
なので境内にはお茶の木がたくさん植えられていますよ


Img_245499_47834003_3


Img_245499_47834003_6

<2014.01.30撮影>


|

« 京の冬の旅6か所目~建仁寺塔頭 正伝永源院 | トップページ | 小雨の祇園界隈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/59055027

この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の旅7か所目~建仁寺開山堂:

« 京の冬の旅6か所目~建仁寺塔頭 正伝永源院 | トップページ | 小雨の祇園界隈 »