« 京都人の密かな楽しみ(再放送) | トップページ | 縁切りパワースポット~菊野大明神 »

京の冬の旅2か所目 頂妙寺

Dsc_3246
以前から気になっていたお寺の一つ、頂妙寺が冬の旅初公開ということなので行ってきました

Dsc_3247
門前の通りの名前の由来になった仁王門

Dsc_3248
仁王門には運慶が手掛けたと伝えられる持国天と多聞天が安置されています。
普段は真っ暗なのですが、期間中はライトアップされています。
また、信長の命で行われた安土問答で敗れ布教ができなくなった日蓮宗ですが秀吉の時代になって布教を許された許状を扁額として掲げてあります

Dsc_3264
境内大本堂前の日蓮上人像

Dsc_3263
本堂の中は一塔両尊四士像や文殊、普賢菩薩、四天王像、日蓮上人像が安置されています

Dsc_3258001
(写真は看板の切り抜き)
また、期間中は寺宝のひとつ俵屋宗達の牛図二幅が国立美術館から御里帰りしています

他に朝鮮時代の「蓮紙織画」「三十番神像」「頂妙寺版法華経版木」大事な文書を隠したと言われる「京都十六本山会合文書箱」が展示されています

本堂、寺宝を見学した後は仁王門と門に安置されている持国天、多聞天を見学し最後に境内にある俵屋宗達のお墓を見学という順序になっています


Dsc_3271


Dsc_3272
<2015.01.29>

|

« 京都人の密かな楽しみ(再放送) | トップページ | 縁切りパワースポット~菊野大明神 »

コメント

頂妙寺に行かれたのですね。
宗達の墓、俵屋までは判りましたが、名前までは気づきませんでした。
説明があったのですか。

投稿: なおくん | 2015/02/02 20:57

★なおくん
お墓に行ったときは私一人しかおらず最初どれが宗達の墓かわからなかったので仁王門の前にいたガイドさんに場所を聞いたら宗達の名前が入っていることを教えてくれました。

投稿: Milk | 2015/02/03 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16589/61063258

この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の旅2か所目 頂妙寺 :

« 京都人の密かな楽しみ(再放送) | トップページ | 縁切りパワースポット~菊野大明神 »